Apple、4.9インチディスプレイのiPhoneを開発中=C科技

  • Day:2013.11.22 07:46
  • Cat:iPhone
DSC01914.jpg
4インチのiPhone 5s(前)と、4.95インチのNexus 5(後)


C科技(Google翻訳)は、Appleが、4.9インチディスプレイを採用した新しいiPhoneを開発していると報じました。

記事によると、同社は今年発表したiPhone 5sとiPhone 5cを置き換えるかたちで、より大きなディスプレイを採用する2つの新モデルを開発しているとのことです。

Appleは、以前から様々なサイズのiPhoneをテストしていると報じられていますが、そのサイズは4.7インチ〜6インチと幅広く、市場のニーズに合致したディスプレイサイズを検討していると見られます。

今月上旬にはBloombergが、同社が曲面ガラスを採用した4.7インチと5.5インチのスマートフォンサイズとファブレットサイズをそれぞれ用意していると報じました。

また、今年6月、ロイターは4.7インチと5.7インチのiPhoneを来年中に市場投入する見込みだと報じていました。

関連:
Apple、曲面ガラスを使用した4.7インチ/5.5インチのiPhoneを来年発売?=Bloomberg
Apple、6インチディスプレイのiPhoneを開発=WSJ
Apple、新しいiPhoneを8月下旬から出荷開始?/大きなディスプレイモデルも試作=WSJ
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

鴻海精密工業、一部工場でiPhone 5cの製造を停止か=DIGITIMES

  • Day:2013.11.18 20:03
  • Cat:iPhone
DSC01685.jpg

DIGITIMESは、関係筋の話として、鴻海精密工業(Foxconn)が、中国北部の鄭州工場において、AppleのiPhone 5cの製造を停止し、iPhone 5sの製造に切り換える方針だと報じました。

一方で同記事では、C科技の情報として、Foxconn鄭州工場はiPhone 5cの製造を停止するのではなく、縮小する方向であるとも伝えています。

2013年のiPhoneをめぐっては、iPhone 5sの需要高とは対照的に、より価格の安いiPhone 5cが当初の需要予測を下回っているとの報道が相次いています。

関連:
Apple、iPhone 5cの発注数を削減/当初見込みを下回る需要=WSJ

Google、iOS向け「Google Play Music」アプリ提供開始(国内非対応)

  • Day:2013.11.16 07:00
  • Cat:iPhone
gpm1.png gpm2.png

Googleが、Google Musicからの音楽ストリーミングサービスを利用できるiOS向けの「Google Play Music」アプリの提供を開始しました。現在のところ日本のApp Storeでは配布されていません。

iOS版のGoogle Play Musicは、Android版と異なり、ミュージックライブラリからのプレーヤー機能は備えていないようです。そのため、アプリはGoogleアカウントのGoogle Playミュージックが有効になっている必要があり、国内では提供されていないため使用できません。

関連:
Google、iOS向け「Google Play Music」を今月発表へ=Engadget

Apple、iPad mini Retinaディスプレイモデルを今週より出荷開始

  • Day:2013.11.12 17:06
  • Cat:iPhone
miniretina.jpg
http://www.apple.com/jp/ipad-mini/

Appleが、10月のメディアイベントで公表した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を、米国や日本などの国と地域で発売開始しました。出荷予定日が16GBモデルと32GBモデルで1-3営業日となり、今週より出荷されます。64GBモデルと128GBモデルは5-10営業日での出荷ステータスが出ています。

Apple、曲面ガラスを使用した4.7インチ/5.5インチのiPhoneを来年発売?=Bloomberg

  • Day:2013.11.10 20:15
  • Cat:iPhone
Bloomebergは、計画に詳しい情報筋の話として、Appleは、異なる圧力を感知できるセンサーに大画面の曲面ガラスを使用した新しいデザインのiPhoneを開発していると報じました。

情報筋によると、来年第3四半期に発売予定の新しいiPhoneは、4.7インチと5.5インチのスマートフォンサイズとファブレットサイズをそれぞれ用意し、ディスプレイのエッジ付近がカーブしてラウンドしている曲面ガラスを採用するほか、異なる圧力を感知できるタッチセンサーを搭載していると述べています。

ただし、これらのモデルはテスト段階で完成しておらず、プランも決定しているわけではないとのことです。

Appleは、近年、様々なサイズのiPhoneをテストしていると報じられていますが、そのサイズは4.7インチ〜6インチと幅広く、市場のニーズに合致したディスプレイサイズを検討していると見られます。

今年6月、ロイターは4.7インチと5.7インチのiPhoneを来年中に市場投入する見込みだと報じていました。

訂正:
一部翻訳に誤りがあったため訂正しました。

関連:
Apple、6インチディスプレイのiPhoneを開発=WSJ
Apple、新しいiPhoneを8月下旬から出荷開始?/大きなディスプレイモデルも試作=WSJ
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

Apple、iPhone 5cの発注数を削減/当初見込みを下回る需要=WSJ

  • Day:2013.10.16 22:18
  • Cat:iPhone
DSC01685.jpg

ウォール・ストリート・ジャーナルは、事情に詳しい関係者の話として、Appleが「iPhone 5c」のコンポーネントサプライヤー2社に対して10-12月期の発注数を減らすことを通知したと報じました。一方で、需要が高い「iPhone 5s」のゴールドの発注数を増やしました。

同紙によると、Appleは台湾の和碩聯合科技(ペガトロン)と鴻海精密工業(ホンハイ)に対して、それぞれ2割弱、3割強のiPhone 5cの発注数削減を通達しました。また、ある部品サプライヤーは同モデルの部品の受注が5割削減されたと述べました。

Appleは9月、上位モデル「iPhone 5s」に併設する形で、初の別ラインモデル「iPhone 5c」を用意しましたが、当初見込みを下回る需要と、上位モデルとの価格差が僅かであることで、生産数を削減する動きが伝えられています。

レビュー:iPhoneからBluetoothでEdyチャージも出来るFeliCaリーダー/ライター「PaSoRi RC-S390」

  • Day:2013.10.07 22:55
  • Cat:iPhone
pasorireader3.jpg

ソニーが、9月下旬に発表した、iPhoneとBluetooth接続してアプリケーションから残高照会やチャージが出来るようになるFeliCaリーダー/ライター「PaSoRi RC-S390」が届いたので実際に使ってみました。

pasorireader2.jpg

PaSoRi RC-S390は、プラスチックカードとほぼ同じ大きさなのでコンパクトに持ち歩くことができます。薄さも5.5mmとiPhoneよりも一回り薄く、30グラムの軽量設計です。

Bluetoothのペアリング用の物理ボタンが側面に配置されているほかは、ホワイトを基調としたシンプルな設計です。フル充電で1ヶ月利用できるというバッテリーは、microUSB端子から充電できます。

edy1.png edy3.png

さて、PaSoRi RC-S390が届いたら、iPhoneに「楽天Edy」と「PaSoRi」アプリをインストールします。前者は「Edy」サービスに特化したアプリで、Edyの残高照会や楽天IDや登録クレジットカードからチャージすることができます。

edy2.png edy4.png

アプリを起動するとPaSoRi RC-S390の電源を長押ししてBluetoothのペアリング待機状態にします。すぐにアプリがPaSoRi RC-S390を認識して接続完了です。PaSoRiにEdyカードを置いて残高を読み込めるほか、チャージをすることができます。

pasorireader1.jpg

上記のように携帯電話のEdyでも当然認識しました。

pasori1.png pasori2.png

「PaSoRi」は、Edyに加えて、Suicaやnanaco、WAONの残高照会をすることが出来るアプリケーションです。このアプリをPaSoRiリーダーと組み合わせて利用することで、定期券としても利用しているSuica ICカードにチャージされている残高を確認したり、Edyの利用履歴を確認することができます。

今後は、Suicaのチャージにも対応してくれると嬉しいのですが・・・。

PaSoRi RC-S390は、楽天市場内「楽天Edyオフィシャルショップ」で販売されており、10月中は特別価格の3,480円(通常価格:4,980円)となっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。