イー・モバイル, 「Xperia mini S51SE」を今月発売へ

  • Day:2011.10.13 02:10
  • Cat:Others
xperia_mini-product-1.png

イー・モバイルは、ソニー・エリクソン製Androidスマートフォン「Xperia mini S51SE」を今月中にも発売します。日本経済新聞が13日付で報じました。

S51SEは、9月にBluetooth認証を通過しており、市場投入が明らかになっていました。同機種は、Xperia miniをベースとする端末で、3インチディスプレイや500万画素カメラを搭載します。

また、テザリングにも対応するようです。

関連:
Sony Ericsson, イー・モバイル向けに「Xperia mini S51SE」投入へ

Vertu, 年内にも日本市場から撤退へ

  • Day:2011.06.18 09:04
  • Cat:Others
スクリーンショット(2010-02-09 11.56.01)

Nokia傘下で英国の高級携帯ブランドVertuが、年内にも日本市場から撤退することが明らかになりました。Fashionsnap.comが報じました。今月、西武渋谷店VERTUを閉店し、7月にはVERTU銀座フラッグシップストアも閉店します。

なお、撤退後は国内のコンシェルジュサービスも提供を終了し、通話とSMSのみ利用可能となるようです。

関連:
Vertu, 年額57万7500円が1年間無料になるウェルカムプランを発表
ノキア, 「ヴァーチュ」シリーズを2月19日から発売開始
ノキア, 日本で携帯電話事業に参入へ(UPDATED)

Disney, Androidスマートフォン「DM009SH」を2月18日に発売

  • Day:2011.02.14 12:52
  • Cat:Others


ウォルト・ディズニー・ジャパンが、ディズニー・モバイル向けの端末で、同社初のAndroidスマートフォン「DM009SH」を2月18日(金曜日)に発売すると発表しました。

DM009SHは、Android 2.2を採用した3D表示対応3.8インチディスプレイ搭載スマートフォンで、960万画素CCDカメラ、おサイフケータイ、「@disney.ne.jp」メールなどに対応します。基本性能は、ソフトバンクモバイルのシャープ製「GALAPAGOS 003SH」と同様です。

発売に際して様々な特典が用意されています。「のりかえ割」では、MNPを利用して新規契約する場合、および他社ケータイを解約して新規契約する場合、特典として、同端末のTVCFキャラクターである梨花さんがデザインしたオリジナルネックレス「梨花デザインオリジナルネックレス presented by Jupiter」、「ディズニーストアギフトカード7,000円分」、「ホワイトプラン(D) 基本料7ヶ月無料」から選択できます。

「ただとも」プログラムでは、2名以上で新規加入した場合や、ディズニー・モバイル加入者である家族や機種変更等をしたユーザーからの紹介で新規契約する場合に、新規ユーザーならびに紹介者が、「オリジナルミッキー&ミニーストラップ(ペア)」「ディズニーストアギフトカード3,000円分」「ホワイトプラン(D)基本料3ヵ月無料」のいずれかを特典として選択できます。ディズニー・モバイルのユーザーは、紹介1人につき、「ホワイトプラン(D)基本料1ヵ月無料」の特典が用意されています。

また、「ホワイト学割 with 家族 2011」を、2011年5月31日(火曜日)まで実施しており、学生・未就学児の「ホワイトプラン(D)」月額基本使用料(980円)が新規加入から3年間無料、その家族は新規加入から2年間無料(MNP利用の場合)となります。また、「パケットし放題(D)」などの下限が0円になるほか、Androidスマートフォン「DM009SH」契約の場合は、「パケットし放題MAX for スマートフォン(D)」の上限額が通常の5,985円から4,935円に割引になります。

さらに、「ホワイト学割 with 家族 2011」に申し込んだ場合、「ホワイトプラン(D)」月額基本使用料の無料期間のうち、7ヵ月分を「梨花デザインオリジナルネックレス presented by Jupiter」または「ディズニーストアギフトカード7,000円分」に、もしくは3ヵ月分を「オリジナルミッキー&ミニーストラップ(ペア)」または「ディズニーストアギフトカード3,000円分」に変更することが可能です。

DM009SHの発売に併せて、梨花さんを起用したTVCFを18日から放映します。CM楽曲には「Mickey Mouse March」のアレンジバージョンが採用されています。

なお、DM009SHについて、同社は、予約数が当初の予想を大幅に上回るものとなっており、一部の店舗では発売開始後、端末が品薄になることが予想されるため、発売開始前の予約を推奨しています。

関連:
Disney, Android 2.2搭載3D対応スマートフォン「DM009SH」を正式発表/2月中旬発売
Disney, Android 2.2搭載3D対応スマートフォンを2月発売
Disney, 2011年春にスマートフォンを投入

Disney, Android 2.2搭載3D対応スマートフォン「DM009SH」を正式発表/2月中旬発売

  • Day:2011.01.27 11:32
  • Cat:Others
img_smartphone2.jpg
©Disney

ウォルト・ディズニー・ジャパンが、ディズニー・モバイル向けの端末として、Androidスマートフォン「DM009SH」を2月中旬に発売すると正式発表しました。昨年11月にスマートフォンの市場投入が明らかになり、今年1月中旬に続報が伝えられていました。

「DM009SH」は、Android 2.2を採用した3D表示対応3.8インチディスプレイ搭載スマートフォンで、960万画素CCDカメラ、おサイフケータイ、「@disney.ne.jp」メールなどに対応します。基本性能は、ソフトバンクモバイルのシャープ製「GALAPAGOS 003SH」と同様です。

なお、ディズニー・モバイルは、スマートフォンの発売に合わせて、スマートフォン向けのパケット定額プランを新設しました。同社のスマートフォン向けに、月額390円から上限金額5,985円の「パケットし放題 S for スマートフォン (D)」および、月額3,985円で712万5,000パケットまで通信が可能な「パケットし放題 MAX for スマートフォン(D)」(2011年4月30日まで申込)を提供します。

関連:
Disney, Android 2.2搭載3D対応スマートフォンを2月発売

Disney, Android 2.2搭載3D対応スマートフォンを2月発売

  • Day:2011.01.14 16:03
  • Cat:Others
img_smartphone2.jpg
©Disney

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニー・モバイル向けの端末として、Androidスマートフォンを2月に発売すると発表しました。スマートフォンの市場投入は、昨年11月に発表していましたが、本日、一部情報が明らかにされました。

ディズニー・モバイルが発売するスマートフォンは、Android 2.2を搭載した3D表示対応3.8インチディスプレイ採用で、960万画素CCDカメラ、おサイフケータイ、@disney.ne.jpメールなどに対応します。従って、基本性能は、ソフトバンクモバイルのシャープ製「GALAPAGOS 003SH」と同様です。

同社は、購入者に先着でオリジナルデザインのスマートフォンケースをプレゼントする予定としています。

詳細は1月下旬に改めて発表されるようです。

日本通信, テザリング対応SIMフリー「IDEOS」を今週発売/IP電話サービス開始へ

  • Day:2010.12.22 13:30
  • Cat:Others
スクリーンショット(2010-12-22 13.29.03)

日本通信が、軽さ100gので最軽量のHuawei(華為技術)製Androidスマートフォン「IDEOS」を今週末より出荷開始で発売し、併せて、同スマートフォン向けに、世界初となる「050」ベースのモバイルIP電話を1月中旬よりサービス開始予定であると発表しました。

「IDEOS」は、最新のAndroid 2.2.1を搭載、SIMロックフリーでの販売、テザリングフリー(モバイルWiFiルータ機能が使用可能)です。10日間の定額データ通信ができる「b-mobileSIM U300」が付属して本体価格は26,800円、契約手続きは必要ありません。同機種は、PC、家電量販店、eコマース・サイト他で今週末から販売されます。

また、同社が1月中旬から提供する予定の、携帯網を利用する世界初の「050」ベースのモバイルIP電話サービスは、月額基本料は490円(15分間の通話料含む)、30秒10円(国内の携帯・固定宛)という設定になっています。同サービスの申込には別途、法律に基づく本人確認が必要となります。

関連:
日本通信, スマートフォン向けIP電話発表へ/年内に「IDEOS」発売

総務省, Wireless City Planningの産活法適用を認定/資本金215億円へ

  • Day:2010.12.14 22:05
  • Cat:Others
総務省は、ウィルコムから会社分割で次世代PHS規格「XGP」事業を取得するためにソフトバンクが今年6月に設立した全額出資の受け皿会社であるワイヤレスシティプランニング(WCP)が、12月3日付けで申請した「経営資源再活用計画」について、産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(産活法)第7条の規定に基づき認定を行ったと発表しました。以下、総務省より引用します。

1 「経営資源再活用計画」の概要
 Wireless City Planning株式会社(以下「申請者」という。)は、ソフトバンク株式会社等からの出資を受け、株式会社ウィルコムの2.5ギガヘルツ周波数帯にかかる次世代高速通信サービス事業(XGP事業)を吸収分割の手法により承継することにより、経営資源を効率的に活用します。また、申請者は、ソフトバンクグループのノウハウ等を活用し、既存のXGPを更に高速化した高度化XGPサービスを展開することとしています。
 なお、申請者は、産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法による認定を受けた後に、資本金の額の増加に際して、租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第80条第1項第1号の登記の税率(登録免許税)の軽減を受けることを希望しています。認定経営資源再活用計画の内容は別紙のとおりです。

2 申請者の概要
 Wireless City Planning株式会社
 (1)代表者:代表取締役社長 孫 正義
 (2)所在地:東京都港区東新橋一丁目9番1号
 (3)資本金:5億円

3 事業再構築の実施時期
 開始時期 平成22年12月
 終了時期 平成25年3月

WCPは、ソフトバンク、アドバンテッジパートナーズ、その他投資家を引受人とする普通株式80億200万円、A種種類株式40億円、B種種類株式85億円の第三者割当増資を実施し、これにより、吸収分割代金の一部に充当するとともに、設備投資を行うとしており、資本金は215億200万円となります。

普通株式及びA種種類株式の増資実行日は12月15日、B種種類株式の増資実行日は2012年4月を予定しています。

日本経済新聞は、本日付の朝刊で、ソフトバンクとAPが議決権ベースの株式で33.3%ずつを保有し、残りをフィンランドのNokia Siemens Networks、スウェーデンのTelefonaktiebolaget LM Ericsson、フランスのAlcatel-Lucent、中国の華為技術(Huawei)と中興通訊(ZTE)が引き受けると報じました。

これまでの経緯など:
Nokia・Ericsson・Alcatel・Huawei・ZTE, SoftBank系次世代PHS会社に出資へ/来年度中にサービス開始
ウィルコム, 他社間も無料の「だれとでも定額」を全国展開(OFFICIAL)
ウィルコム, 東京地裁に更生計画案を提出/再建なるか
SoftBank, ウィルコム更生で社長に宮内取締役を派遣
ウィルコム, 会社更生手続きに伴うスポンサー契約をSoftBankと締結
ウィルコム, 会社更生手続きを開始
SoftBank, ウィルコム支援決定/新会社に出資へ
ウィルコム, 会社更正法申請/機構は出資せず(UPDATED)
ウィルコム, 18日にも会社更生法申請へ(UPDATED)
ウィルコム, 会社更生法活用で再建へ
ウィルコム, 企業再生支援機構活用でPHS事業継続へ/SoftBankも出資(UPDATEDx2)
SoftBank, 経営再建中のウィルコムを買収か(UPDATEDx4)
ウィルコム, 私的整理へ/1000億円の返済期限延長要請(OFFICIAL)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。