ドコモ、端末の割賦販売を導入へ

NTTドコモの中村維夫社長は、日経新聞の取材に対し、今年中にも端末の割賦販売や長期利用を前提とする基本料金及び通信料金の値下げなどを検討する方針を示しました。

主に2年間などの長期利用を前提とする基本料金・通信料金の値下げが他社対抗のメインとなるようで、端末の割賦販売に関しては、「消費者の端末購入の入り口(初期費用)を下げる効果がある」としています。いずれの販売モデルも「905iシリーズ」が投入される冬商戦での採用を検討しています。

ドコモ、携帯電話の割賦販売を検討(日本経済新聞)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。