台湾当局、Appleに約7000万円の罰金を命じる/iPhoneの販売価格統制

  • Day:2013.12.25 21:44
  • Cat:iPhone
5sandc.jpg

台湾の公平交易委員会(公正取引委員会)は25日、Appleが、iPhoneの販売をめぐって台湾の市場シェアの約9割を占める大手通信3社の販売価格設定に関与していたとして、罰金2千万台湾元(約7000万円)を科したと発表しました。共同通信が報じました。

Appleの販売手法や価格統制については世界各国で問題視されており、最近では欧州連合(EU)が、Appleが反競争的な条件を課しているとの欧州の通信キャリアからの苦情を調査していると報じられていました。

台湾中央通信によると、今回の台湾当局の措置は世界初となります。

関連:
欧州キャリア、Appleは「商品が確認できない段階で特定台数の購入と宣伝面の支援を義務付け」と非公式苦情/EUが調査へ=WSJ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。