ソフトバンクモバイルのスマートフォン販売シェアで「iPhone」が97%を達成!=10月調査

カンター・ジャパンによると、10月に実施した調査において、ここ1ヵ月のうちにスマートフォンを購入した日本の消費者に対して機種の回答を得たところ、ソフトバンクモバイルのスマートフォン購入者の97%が、Appleの「iPhone」の購入者であることが明らかになりました。

なお、その他のキャリアではNTTドコモでは61%が、KDDIの購入者では72%がiPhoneを購入したとのことです。

キャリア全体では、76%がiPhoneを購入したことになります。

また、iPhoneの機種別では、1位が「iPhone 5s」で46%、2位が「iPhone 5」で15%、販売が低迷していると言われている「iPhone 5c」が3位で13%でした。この調査に基づくと、iPhone 5sは、iPhone 5cよりも3.5倍程度売れているということになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。