ソフトバンク子会社のイー・アクセスとウィルコムが合併へ/イー・アクセスが存続会社

スクリーンショット 2013-12-03 15.44.22

ソフトバンク株式会社の子会社で移動体通信キャリア大手のイー・アクセス株式会社およびウィルコム株式会社は、2014 年4月1日を効力発生日として、合併を行うことについて基本合意書を締結したと発表(PDF)しました。

合併は、効率の良い経営資源の活用および事業の拡大を目的としたもので、イー・アクセスを存続会社、ウィルコムを消滅会社とする吸収合併方式を予定しているとのことです。

存続会社の社長には現イー・アクセス代表取締役社長のエリック・ガン氏が、副社長には現ウィルコム執行役員の寺尾洋幸氏が就任予定で、会社名及びブランドなどの詳細は決定次第改めて発表するとしています。

合併後は、イー・アクセスの契約数約440万とウィルコムの契約数約570万を合わせて、1000万契約を上回る規模のキャリアとなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。