国立印刷局、iPhoneのカメラで紙幣を識別して種類を音声で知らせるアプリを提供開始

  • Day:2013.12.03 08:05
  • Cat:iPhone
iuyoshi1.png iuyoshi2.png

国立印刷局が、本日より目の不自由な人向けに、iPhoneのカメラを紙幣にかざすと特徴を識別して種類を音声で知らせるアプリケーション「言う吉くん」の提供を開始しました。

本アプリを起動して紙幣にカメラをかざすと、自動で紙幣を認識して「いちまんえん」などの音声で種類を知らせます。認識するのは「一万円券」「五千円券」「二千円券」「千円券」ですが、真贋判別機能は搭載されていないため、あくまで「識別する日本銀行券が真正であることを前提」としているとのことです。

なお、Androidスマートフォン用のアプリケーションは、今後標準搭載するキャリアやメーカーを募集します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。