iPad Air:インプレッション

  • Day:2013.11.01 23:21
  • Cat:iPad
IMG_4709air.jpg

Appleおよび、KDDI、ソフトバンクモバイルが本日から発売を開始した「iPad Air」について簡単にインプレッションを掲載します。撮影に使用したのは、iPad Air Wi-Fiモデル(ホワイト)。

IMG_4712air.jpg

Pros:
1) 挟額縁設計による小型化
2) 発色の良い安定したIPSディスプレイ
3) iOS 7を存分に発揮できる64ビットアーキテクチャ
4) Wi-Fi + Cellularモデルの同時発売

1) iPadは初代以降は、iPad 2〜iPad (4th generation)まで基本的なデザインに変更がなかった。2012年にiPad miniが発売されて以降は、ベゼルの幅や本体の大きさの面でどうしてもiPad miniと比較した際の見劣りがあったが、iPad Airでは「iPad miniの9.7インチ版」ならぬ瓜二つのフォームファクターを採用した。その結果、2本指でつまむ形でも持ち上げられるほどの重量や薄さを実現している。

2) IPS液晶は非常に発色が良く、視野角も広い。Retinaディスプレイは美しく、映画や電子書籍、写真のほかウェブサイトなどを閲覧するのに最適なタブレット端末だ。

3) A7/64ビットアーキテクチャを採用しているため、iMovieなどの重たいアプリケーションでも編集作業がサクサク動く。おそらく伝わりづらい特徴の1つがベンチマーク関連のスペックアップだが、iOSが持つアプリケーションはユーザーの財産であり、その財産をより快適に動かすことができるベースとなるのがまさにiPad Airだ。

4) 今回はWi-Fiモデルに加えて、Wi-Fi + Cellularモデルが同時発売された。これまで「どちらのモデルで」と悩んでいたユーザーは発売日が並んだことで親切な状況を得た。昨日、ある1例を示した簡単なiPad Air維持費の比較表を掲載したが、両モデルで悩んでいる場合、個人的にはWi-Fi + Cellularモデルを、すでに所有しているiPhoneとセット割を組んで契約することをオススメしたい。

IMG_4718air.jpg

Cons:
1) 価格が高い
2) 「Touch ID」非搭載

1) iPad Airは価格設定が高い。Wi-Fiモデルの16GBで51,800円から、容量が32GB、64GB、128GBとなるにつれて1万円ずつ機種代金が上がっていく。単純比較は出来ないが、競合のGoogle Nexus 7 (2013) が27,800円(16GB)〜販売されていることを考慮すると、iPad Airの価格は2倍弱となる。

2) iPhone 5sで搭載された「Touch ID」が非搭載だった。iPhone 5sを1ヶ月使用していて、このシステムならばiPadでも有効だと感じていただけに、指紋認証の搭載が見送られたのは残念。今後発売されるモデルで採用されることを望みたい。

関連:
iPad Air:「Wi-Fi」「Wi-Fi + Cellular」の維持費を比較/月額費は3,000円弱の違い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。