NTTドコモ、スマートフォン販売計画台数を1600万台に据え置き/iPhone品薄で=SankeiBiz

SankeiBizは、NTTドコモが、今年度のスマートフォン販売台数を期初に設定した1600万台に据え置くことが分かったと報じました。

記事によると、9月にAppleのiPhoneの販売を開始したドコモには、販売計画台数を上方修正する期待が高まっていましたが、上期のAndroidスマートフォンの不調に加えて、iPhone 5sの品薄が影響して当初予定を据え置くことにしました。

なお、上述の要因により、同社の上期の目標台数700万台は達成できなかったようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。