レポート:「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」(後編)

DSC01812.jpg

10月16日(水)、サムスン電子ジャパンは都内で製品発表会「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」を開催しました。この記事では「前編」に引き続き発表会についてレビューを掲載します。

今回は、先行レビューで紹介した内容以外について、GALAXY Gearに関する情報を書いてみました。

IMG_8404.jpg

GALAXY Gearについてですが、今回、KDDIには5色のラインナップが展開されていますが、NTTドコモ向けにはブラックのみが供給されました。この点について、KDDIを贔屓しているわけではなく、ドコモは販売チャネルと在庫管理の兼ね合いで当初はブラック1色となったそうです。

その代わり、au +1 collectionで販売するKDDIとは異なり、ドコモは直販で取り扱うため、今後はGALAXY Note3 SC-01FやGALAXY J SC-02Fとのセット販売による割引等も検討されていると説明を受けました。

DSC01807.jpg

また、プリインストールされているLINEアプリについては、メッセージの閲覧およびスタンプの返信のみとなりGALAXY Gearで撮影した写真やテキストを送信することは出来ません。

GALAXY GearはAndroid 4.3と連携するため、現状はGALAXY Note3およびGALAXY J SC-02Fが対応機種として案内されています。今後、GALAXY S4 SC-04EなどのGALAXYシリーズがAndroid 4.3にバージョンアップされた際は、Gearに対応する可能性があるようです。

ただし、GALAXY GearはGALAXYシリーズのみと連携します。そのため、対応機種を所有していない場合は、時計やストップウォッチなどオフライン機能の用途くらいしか使い道がありません。

DSC01809.jpg

驚いたことに、GALAXY Gearは、その最大の特徴の1つであるカメラで撮影した写真をエクスポートする方法が、ペアリングしているGALAXYに転送する以外は用意されていないそうです。

つまり、GALAXY Gear単体で撮影した写真をPCに接続したり、他のBluetoothデバイスと接続して転送するといった使用方法は出来ないことになります。これはとても残念な仕様です。

なお、GALAXY Gearが既に販売されていた地域のユーザーがFacebookなどにアップロードしていた写真に「GALAXY Gear」という透かしが入っていたため、自動で署名が入るのかを確認したところ、カメラの設定でオン・オフを選択可能とのことでした。デフォルトの設定ではオフになっているそうです。

01_SM-N900_Standard_Origin_black_au_home.jpg

今回サムスン電子ジャパンはGALAXY Noteシリーズを初めてKDDIに納入しました。また、最新のスマートウォッチを素早く日本市場に投入したり、日本人デザイナーによってデザインされたGALAXY Jを用意するなど、かなり積極的な印象を受けました。

冬商戦の戦略は見えてきましたが、中長期的な国内戦略を今後も注視していきたいと感じました。

ga01_00186_final.jpg

RINGO-SANCOでは、GALAXY Note3とGALAXY J SC-02F、GALAXY Gearのレビューを公開していますので、そちらもご参考下さい。

先行レビュー:
先行レビュー:GALAXY Gear + GALAXY Note3 SC-01F(ムービー)
先行レビュー:サムスン製国内オリジナルモデル「GALAXY J SC-02F」
先行レビュー:NTTドコモ向けのサムスン製「GALAXY Note3 SC-01F」
先行レビュー:KDDIが販売するサムスン製スマートウォッチ「GALAXY Gear」
先行レビュー:auから発売予定のサムスン製ファブレット端末「GALAXY Note3 SCL22」
KDDI、サムスン製ファブレット端末の最新モデル「GALAXY Note3 SCL22」およびスマートウォッチ「GALAXY Gear」発表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。