レポート:「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」(前編)

IMG_8282.jpg

10月16日(水)、サムスン電子ジャパンは都内で製品発表会「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」を開催しました。いわゆる「GALAXY Note3」および「GALAXY Gear」に関するワールドツアーの東京開催で、本イベントのフォーカルポイントはその2製品のほか、日本オリジナルモデルとなる「GALAXY J SC-02F」がメインとなりました。

IMG_8300.jpg

冒頭、サムスン電子ジャパン専務の石井氏より「GALAXY Note3」および「GALAXY Gear」の製品説明がありました。GALAXY Note3は、これまでのデザインを刷新して、背面にスティッチを施した革のような質感を実現したポリカーボネートを採用しました。また、大容量3GBのRAMや3200mAhの大容量バッテリーもアピールしました。

20131016_121258.jpg

そのほか、GALAXY Noteシリーズの特徴である付属のSペンの可能性も広がり、エアコマンドによるYouTubeやウェブブラウザで表示している情報などを切り取って保存できる「スクラップブック」や、メモした電話番号やURL、住所からジャンプできる「アクションメモ」を説明しました。

IMG_8315.jpg

また、同社初のスマートウォッチ「GALAXY Gear」は、社内では「Welcome to the future.」と呼ばれるほどの革新的なデバイスとしており、実際に石井氏がご自身の秘書への音声での電話発信デモが行われました。(一度は音響の関係でうまくいきませんでしたが、2回目で無事電話がつながり自然な会話を披露しました。)

IMG_8319.jpg

このあと、スペシャルゲストでGALAXY Note3のワールドアンバサダーのモデル冨永愛さんが登壇。実際に1ヶ月使用してみた感想を語りました。冨永さんは、GALAXY Note3で旅先でのショッピングや、コレクションの動画をYouTubeで見る際にスクラップブック機能を活用して利用しているそうです。これまで、スマートフォンを触っていて勿体無い時間を過ごしてるな、という感覚がなくなったとのことです。

IMG_8325.jpg

IMG_8340.jpg

続いて、サムスンと協業、提携した企業について説明がありました。まずはLINE株式会社の舛田氏によるGALAXY Gear向け独自アプリの提供が紹介されました。GALAXY Gearでは標準搭載されたLINEアプリにより、GALAXY Note3/GALAXY J側で受信したメッセージを確認できるほか、プリインストールされた10個のスタンプでGear側から即時に返信できるようにしました。今後スタンプの種類を増やしていくそうです。

エイベックス社とは音楽配信サービスで提携しました。同社はサムスンのGALAXYシリーズ向けに「Samsung Apps」からダウンロード出来るGAmusicを10月17日より開始しました。今年中に登録したユーザーは90日間無料でサービスを利用可能で、その後は月額350円で定額制ストリーミングサービスを利用できます。

IMG_8351.jpg

再び、サムスンの石井氏が登壇し、日本向けにオリジナルモデルとしてデザインされたGALAXY J SC-02Fを紹介しました。日本人の手に合うデザインで、機能はGALAXY S4をベースとした妥協しないモデルです。また、最新のAndroid 4.3を搭載しているため、GALAXY Note3と同じくGALAXY Gear対応機種としてラインナップされます。

IMG_8358.jpg

また今回、サムスンはGALAXY Note3とGALAXY Jに「緊急時長持ちモード」を搭載しました。災害時など万一のとき、同モードをオンにすることで主要機能のみを動作させることで、電池残量30%の状態からGALAXY Note3で最大6日間、GALAXY Jで最大5日間スマートフォンの電池を維持させることが出来る画期的なモードで、国内需要を見込みました。

同モードは、GALAXYシリーズが採用するSuperAMOLEDディスプレイの特性を活かして背景を黒に、ディスプレイ消灯時の通信をオフにして音声とSMSのみ着信させるなど最小限の動作で究極の省電力を実装しました。

20131016_131631.jpg

ワールドアンバサダーの冨永愛さんは、GALAXY Note3とGALAXY Gearを身につけ、取材陣によるフォトセッションに応じました。なお、各所で「る」に見えると話題の「3」のロゴモニュメントは発泡スチロール製だったようで、座って欲しいとの要望には「壊れそう」と笑いを取っていました。

RINGO-SANCOでは、GALAXY Note3とGALAXY J SC-02F、GALAXY Gearのレビューを公開していますので、そちらもご参考下さい。

先行レビュー:
先行レビュー:GALAXY Gear + GALAXY Note3 SC-01F(ムービー)
先行レビュー:サムスン製国内オリジナルモデル「GALAXY J SC-02F」
先行レビュー:NTTドコモ向けのサムスン製「GALAXY Note3 SC-01F」
先行レビュー:KDDIが販売するサムスン製スマートウォッチ「GALAXY Gear」
先行レビュー:auから発売予定のサムスン製ファブレット端末「GALAXY Note3 SCL22」
KDDI、サムスン製ファブレット端末の最新モデル「GALAXY Note3 SCL22」およびスマートウォッチ「GALAXY Gear」発表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。