クリックホイール特許訴訟:Appleと原告側の両者が判決不服で控訴

ipod-classic-1.jpg

日本経済新聞によると、東京地方裁判所が今年9月26日、日本のソフトウェア技術者の男性側(原告)が、iPodに採用されている「クリックホイール」が原告側の特許を侵害しているとしてApple Japan(被告)を提訴した裁判で、原告の主張を認定した上で被告に約3億3千万円の損害賠償命令を下した判決について、両者が判決不服で控訴しました。

記事によると、Apple Japanは既に控訴しており、本日、原告側の男性も判決不服で控訴しました。原告側は、特許侵害における損害賠償が100億円であると主張しています。

関連:
東京地裁、Apple Japanに約3億3千万円の損害賠償命令/iPod「クリックホイール」の特許侵害(更新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。