先行レビュー:NTTドコモ向けのサムスン製「GALAXY Note3 SC-01F」

DSC01716.jpg

NTTドコモは、サムスンエレクトロニクス製ファブレット端末「GALAXY Note3 SC-01F」(10月中旬発売予定)を2013年冬春モデルとして発表しました。今回、RINGO-SANCOでは、サムスン電子ジャパンさまにGALAXY Note3 SC-01Fを事前に触る機会をいただいたため、簡単なレビューを掲載します。なお、撮影に使用した端末は開発機のため、製品版とは仕様が異なる場合がございます。また、製品仕様がほぼ同様のため、以前掲載したKDDI版と内容が重複する部分があります。

DSC01762.jpg

GALAXY Note3 SC-01Fは、5.7インチフルHD(1920×1080ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイ採用のAndroid 4.3(Jelly Bean)搭載ファブレット端末で、CPUには2.3GHzクアッドコアを採用するほか、NFC、Bluetooth LE(Bluetooth SMART READY)に対応するGALAXY Noteシリーズの最新モデルです。メインカメラには、1,300万画素カメラを採用しています。国内モデルでは、おサイフケータイ、ワンセグに対応するほか、ドコモ版ではNOTTVにも対応します。

写真の通り、ジェットブラック、クラシックホワイトの2色を展開し、海外で販売されているBlush Pinkは現時点ではラインナップされません。こちらもKDDIと同様です。

DSC01721.jpg

GALAXY Note3は、よりリアルのノートらしいスクエアデザインを新たに採用しており、前モデルの「GALAXY S3」から続いていた丸みを帯びたフォームファクターから路線を変更しました。

また、背面はレザー調のポリカーボネートカバーを採用しており、スティッチを含めて革製ノートを再現しています。手触りもできるだけ本物のレザーに近づけたとのことです。

この部分を実際に触ってみても革や合皮との区別がつかないくらいの質感で、リアパネルを外してみてポリカーボネートであることに気づくレベルの高い品質でした。

DSC01725.jpg

GALAXY Note3は、シリーズの最大の特徴でもある「Sペン」を引き続き搭載。これまでのシリーズでは収納方向が決まっていましたが、GALAXY Note3より、前後いずれの方向からも収納することができるようになり、利便性が向上しています。Sペンの書き心地はより滑らかになり、紙に書くアナログ感に近づいているようです。

IMG_4016.jpg

GALAXY Note3 SC-01Fは、5.7インチのSuper AMOLEDディスプレイを搭載します。これは「GALAXY Note 2」の5.5インチから0.2インチ大画面化しています。

その一方で、GALAXY Note3の端末サイズは、縦幅をキープしつつ、横幅は2mm小さく(79mm)、厚さも1.4mm薄く(8.3mm)なるなど、挟額縁デザインなどで小型化を実現しました。

また、画面解像度はGALAXY Note 2のHD(1280×720)から、Noteシリーズでは初となるフルHD(1920×1080)に対応し、よりきめ細かい美しいディスプレイに仕上がりました。

DSC01726d.jpg

Sペンのアクションでは、新たに「エアコマンド」を搭載しました。エアコマンドは、Sペンを画面に近づけた状態でSペンのボタンをクリックすると起動し、Sペンと連携する5つの機能に簡単にアクセスできます。

Screenshots_2013-09-27-19-49-44.png Screenshot_2013-09-27-19-55-48.png

「アクションメモ」(左)は、エアコマンドで瞬時に起動するメモアプリで、そこに手書きした電話番号、URL、メールアドレス、住所などを自動で読み取って、各アクションにかけることが出来ます。スクリーンショットでは、当ブログのアドレスを手書き認識させています。

Screenshot_2013-09-27-19-56-59.png スクリーンショット 2013-09-29 211949

また、「スクラップブック」機能では、YouTubeのムービーを含めた画面のあらゆる表示をSペンで囲ってスクラップして、アプリケーションに保存する機能です。各スクラップには、メモやタグを付けられ、マイスクラップブックでアルバムのように閲覧することが出来ます。ウェブブラウザでは、テキストも認識されます。

IMG_4015d.jpg
(ドコモからは「オレンジ」は発売されないので、本来あり得ない組合せ。でもこれで利用できるということは・・・あとは汲みとって下さい)

GAALXY Note 3 SC-01Fは、同時発表されたスマートウォッチ「GALAXY Gear」(ドコモからはブラックが発売)と連携できます。GALAXY Gearについては、KDDIの発表時に別記事でレビューしているので、そちらも併せて参照ください。

GALAXY Note3 SC-01Fは、10月中旬の発売を予定しています。

また、RINGO-SANCOでは、ドコモ向けに投入される同社のオリジナルモデル「GALAXY J SC-02F」の先行レビューも掲載しています。

関連:
先行レビュー:サムスン製国内オリジナルモデル「GALAXY J SC-02F」
先行レビュー:サムスン製スマートウォッチ「GALAXY Gear」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。