NTTドコモ、サムスン製「GALAXY Note3 SC-01F」を正式発表

DSC01762.jpg

NTTドコモは、本日発表した冬春モデルに、既にCEATEC 2013で先行展示していたサムスンエレクトロニクス製ファブレット端末「GALAXY Note3 SC-01F」(10月下旬発売予定)をラインナップしました。同社としては、3世代目の「GALAXY Note」シリーズとなります。

DSC01725.jpg

GALAXY Note3は、5.7インチフルHD(1920x1080ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイ採用のAndroid 4.3(Jelly Bean)搭載ファブレット端末で、CPUには2.3GHzクアッドコアを採用するほか、NFC、Bluetooth LE(Bluetooth SMART READY)に対応するGALAXY Noteシリーズの最新モデルです。メインカメラには、1,300万画素カメラを採用しています。国内モデルでは、おサイフケータイ、ワンセグのほか、ドコモ版ではNOTTVにも対応します。

カラーラインナップは、ジェットブラック、クラシックホワイトの2色展開となり、海外で販売されているBlush Pinkは現時点ではラインナップされません。このあたりもKDDIと同じです。

DSC01729.jpg
写真はKDDIが発売する「オレンジ」。ドコモはブラックのみのラインナップ。

同社は、併せてサムスンのスマートウォッチ「GALAXY Gear」を発売します。GALAXY Gearは、1.6インチ(320x320ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイ採用のAndroid 4.3(Jelly Bean)搭載スマートウォッチで、RAMは512MB、ROMは4GBを搭載します。190万画素のAF対応内蔵カメラを搭載するほか、Bluetooth 4.0(Bluetooth SMART)により、GALAXY Note3 SC-01Fと連携します。

DSC01737.jpg
写真はKDDIが発売する「オレンジ」。ドコモはブラックのみのラインナップ。

GALAXY Gearは、GALAXY Note3 SC-01FとBluetooth SMARTで連携し、ミュージックプレイヤーの操作やSヘルスと連動した運動管理のほか、LINEなど提携するアプリケーションとの連携も可能です。また、GALAXY GearとGALAXY Note3が1.5mm離れた場合にスマートフォン側をロックする機能や、Note3側からGearを呼び出す機能も搭載されています。

GALAXY Gearは、販売開始時点ではブラックのみを発売します。KDDIが展開する他の4色のカラーラインナップについては、今後ドコモとサムスンの間で検討していくそうです。

本記事には、事前にサムスン電子ジャパンさまにご協力いただいて撮影した写真を使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。