レビュー:iPhoneからBluetoothでEdyチャージも出来るFeliCaリーダー/ライター「PaSoRi RC-S390」

  • Day:2013.10.07 22:55
  • Cat:iPhone
pasorireader3.jpg

ソニーが、9月下旬に発表した、iPhoneとBluetooth接続してアプリケーションから残高照会やチャージが出来るようになるFeliCaリーダー/ライター「PaSoRi RC-S390」が届いたので実際に使ってみました。

pasorireader2.jpg

PaSoRi RC-S390は、プラスチックカードとほぼ同じ大きさなのでコンパクトに持ち歩くことができます。薄さも5.5mmとiPhoneよりも一回り薄く、30グラムの軽量設計です。

Bluetoothのペアリング用の物理ボタンが側面に配置されているほかは、ホワイトを基調としたシンプルな設計です。フル充電で1ヶ月利用できるというバッテリーは、microUSB端子から充電できます。

edy1.png edy3.png

さて、PaSoRi RC-S390が届いたら、iPhoneに「楽天Edy」と「PaSoRi」アプリをインストールします。前者は「Edy」サービスに特化したアプリで、Edyの残高照会や楽天IDや登録クレジットカードからチャージすることができます。

edy2.png edy4.png

アプリを起動するとPaSoRi RC-S390の電源を長押ししてBluetoothのペアリング待機状態にします。すぐにアプリがPaSoRi RC-S390を認識して接続完了です。PaSoRiにEdyカードを置いて残高を読み込めるほか、チャージをすることができます。

pasorireader1.jpg

上記のように携帯電話のEdyでも当然認識しました。

pasori1.png pasori2.png

「PaSoRi」は、Edyに加えて、Suicaやnanaco、WAONの残高照会をすることが出来るアプリケーションです。このアプリをPaSoRiリーダーと組み合わせて利用することで、定期券としても利用しているSuica ICカードにチャージされている残高を確認したり、Edyの利用履歴を確認することができます。

今後は、Suicaのチャージにも対応してくれると嬉しいのですが・・・。

PaSoRi RC-S390は、楽天市場内「楽天Edyオフィシャルショップ」で販売されており、10月中は特別価格の3,480円(通常価格:4,980円)となっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。