レビュー:シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL23」

  • Day:2013.10.05 10:16
  • Cat:au
スクリーンショット 2013-10-05 12401

KDDIは、10月2日に開催された新商品発表会においてシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL23」を発表しました。

IMG_4139.jpg

AQUOS PHONE SERIE SHL23は、4.8インチフルHD(1920×1080ピクセル)IGZOディスプレイ採用のAndroid 4.2(Jelly Bean)搭載スマートフォンで、CPUには2.2GHzクアッドコアを採用するほか、NFC、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグ、赤外線通信、防水 (IPX5/IPX7等級)、防塵 (IP5X等級)にも対応します。メインカメラには、約1,630万画素カメラを搭載します。また、バッテリーは3000mAhの大容量を採用します。

IMG_4152.jpg

省電力のIGZOを引き続き採用し、新たに周囲の明るさや照明の種類、時間帯などを判別して自動で画質調整する「ユースフィットモード」を搭載しています。また、長時間使用しても目に優しい「リラックスモード」を用意しています。

この辺りは、IGZOディスプレイの発色の特徴への配慮と対策と言えそうです。

IMG_4140.jpg

カメラは、F値1.9の明るいレンズを使用しています。実際に撮影を試してみましたが、残念ながら、画質には従来通りのシャープ特有の傾向が見られ、全体的に白飛びした絵になりました。

AQUOS PHONE SERIE SHL23は、11月下旬発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。