レビュー:京セラ製スマートフォン「DIGNO M KYL22」

  • Day:2013.10.05 10:15
  • Cat:au
1004_sang01.jpg

KDDIは、10月2日に開催された新商品発表会において京セラ製スマートフォン「DIGNO M KYL22」を発表しました。

IMG_4153.jpg

DIGNO M KYL22は、5インチフルHD(1920×1080ピクセル)TFTディスプレイ採用のAndroid 4.2(Jelly Bean)搭載スマートフォンで、CPUには2.2GHzクアッドコアを採用するほか、NFC、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水 (IPX5/IPX8等級)、防塵 (IP5X等級)にも対応します。メインカメラには、約1,300万画素カメラを搭載します。

IMG_4155.jpg

防水対応の5インチモデルでは最軽量の135gを実現しており、片手でホールドしても違和感のないラウンド形状を採用しています。筐体は非常に軽く、ディスプレイに採用されているフレームも薄いため全体的にスタイリッシュに見え、今冬モデルのなかでも上質さが際立っていました。

IMG_4154.jpg

DIGNO Mは、京セラの技術を惜しみなく採用しています。従来も好評だった騒音の中でも相手の声が聞き取りやすい「スマートソニックレシーバー」は、LINEやSkypeなどのVoIPでも活躍するとしています。

また、電源ボタンは背面に設置され、手に持ったときに自然に押せる位置を考慮したようです。この電源ボタンには、高級腕時計にも採用される京セラ製ファインセラミックスの「サーメット」と呼ばれる超硬合金素材を使用しており、耐久性はもちろん、デザイン上の高級感も高めます。

DIGNO M KYL22は、11月下旬発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。