iPhone 5s / iPhone 5c:インプレッション

  • Day:2013.09.23 18:03
  • Cat:iPhone
DSC01685.jpg

Appleが、先週金曜日から発売を開始した「iPhone 5s」および「iPhone 5c」について簡単にインプレッションを掲載する。私が利用しているのはiPhone 5s (64GBモデル) 、iPhone 5c (32GBモデル) の両モデル。

★iPhone 5s
DSC01696.jpg

Pros:
1) F2.2の明るいカメラで綺麗な色合い
2) 自然なカタチの指紋認証「Touch ID」
3) iPhone 5の洗練された美しいフォームファクターを踏襲
4) ゴールド、スペースグレイという絶妙な新色を追加

1) 暗いレストランでも少しの明かりがあれば、それを取り込んで美しい写真を表現する。iPhone 5と比較して撮影してみたが違いは歴然だった。これまで同様、風景にもポートレートでも料理でも安定感のある写真が撮れる。

2) 「Touch ID」でシームレスなロック解除を実現。パスコードが面倒だったユーザーもこれなら簡単にセキュリティをかけることができる。また、App StoreからのダウンロードでもApple IDとパスワードを入力する手間が省けて好印象。なにより、指紋認証という既存の技術を駆使して「魅せる」ところが憎らしい。

3) iPhone 5sはiPhone 5のフォームファクターを踏襲している。スチールの塊のようなボディに、今回、Touch IDのスチールリングはデザインでもアクセントになるよう、それぞれのカラーに合わせている。

4) ゴールドとスペースグレイは新色。様々な事情によるカラーラインナップだろうが、結果的には絶妙。ゴールドはいやらしい感じを抑えたマットな雰囲気で、スペースグレイは今季のブラック系ニューカラーとなる。

DSC01700.jpg

Cons:
1) 「カメラ」「指紋認証」に魅力を感じない人にはその他の新機能に欠ける
2) 初回出荷時の在庫不足で現場・ユーザーともに混乱している

1) iPhone 5からの乗り換えに限定すると、新機能が「カメラ」と「Touch ID」ということで、この2つに魅力を感じない人にはその他に真新しいところは少ない。逆を言えば、iPhone 5以前のモデルのユーザーは安心して乗り換えできる。

2) Appleの売り方に問題があるが、当初よりの在庫不足により予約を受け付けなかった結果、キャリアショップとユーザーは混乱した。また、入荷する色に偏りがあり、希望するモデルが購入できないという現象も続いている。

★iPhone 5c
DSC01690.jpg

Pros:
1) iPhone初のポップなカラーバリエーション
2) 手にして分かる予想以上の丁寧な塗装と適度な重量感
3) iPhone 5の機能をそのまま安定感

1) iPhone 5cは、iPhone初のポップなカラーバリエーションを用意した。これまでブラックとシルバー、ホワイトしか選択肢がなかったiPhoneに、主に20代〜30代前半の女子が選びやすいカラーリングが追加された。

2) 「廉価版」という言葉が先行して安物というイメージが発表前から付いているが、手に取ると全く印象が異なる。丁寧な塗装と処理によりポリカーボネートのボディでも雰囲気は全くそれを感じさせない。ちなみにAppleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当のフィル・シラー上級副社長は、今年1月に「中国市場では安価なスマートフォンが人気だが、Appleは利幅の安い市場には参入しない」と述べている。つまりiPhone 5cは「利幅の安い市場」ではないということだ。

3) iPhone 5cは、iPhone 5の機能全てを引き継ぐカタチで安定している。実機にも触れずに多くのユーザーが予約して、行列を作る所以はこの安定感とiPhoneへの信頼にあると思う。(一部のAndroidスマートフォンメーカーの新機種はどうしても購入前に確かめたいことが多い)

Cons:
1) iPhone 5sとの価格差がほとんどない
2) コーティングが強すぎてホールドしづらい

1) 価格的にはiPhone 5sよりも安価な設定のはずが、日本ではiPhone 5s (16GB) と実質負担額が同じだったりと価格面での差別化が難しい。iPhone 5cへの誘導はカラーラインナップ&デザインに対するアピールが主になりそうだ。

2) 高い質感を表現している反面、UVコーティングが強すぎるのに加えてラウンドフォルムが持ちづらさを引き起こしている。デスクトップにディスプレイを裏にして置いたiPhone 5cを片手で取るのはなかなか難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。