「iPhone 5s」と「iPhone 5」ではボタンの大きさや位置が僅かに違う

  • Day:2013.09.17 15:39
  • Cat:iPhone
compatibility-icons.png

Appleが、サードパーティのアクセサリメーカー向けに公開している「Case Design Guidelines
for Apple Devices
」に、新たに「iPhone 5s」と「iPhone 5c」が追加されました。

それによると、iPhone 5sと従来のiPhone 5では、サウンドオン/オフボタンや、音量調節ボタンの位置や大きさが微妙に異なっていることが分かりました。

例えば、iPhoneの側面にあるサウンドオン/オフボタンは、iPhone 5では上から16.86mmの位置にあるのに対して、iPhone 5sでは17.01mmの位置にやや下がっています。また、ボタンの幅も2.52mm(iPhone 5)から2.22mm(iPhone 5s)に狭くなっていることが確認できます。

音量調節ボタンは、直径が4.80mm(iPhone 5)から4.30mm(iPhone 5s)に約0.5mm小さくなっていることが分かります。

一見ホームボタン部分以外は同じように見える筐体ですが、細かな再設計をしていることが伺えます。そのほかにも僅かに寸法が異なる部分があるので、気になる方は資料で探してみてください(かなりマニアックですが)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。