約5年ぶりにメインスマートフォンをKDDI→NTTドコモに変えた

DSC01649.jpg

ソフトバンクモバイルが2008年7月にApple「iPhone 3G」を発売し、その3年後、KDDIが2011年10月にApple「iPhone 4S」を発売以来、約5年ぶりにメインスマートフォンをNTTドコモのソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia A SO-04E」に乗り換えました。

これまで短期間ドコモに移ることはありましたが、メインスマートフォンを完全に乗り換えたのは本当に久しぶりです。

選んだXperia A SO-04Eという夏モデルのなかでもトップセールスのワン・オブ・ツートップの機種については、このミントカラー以外のこだわりはありませんでした。最重視したことは、間もなく終了を予定しているドコモの施策と月々サポートなど、どちらかというと番号・回線側に付随したメリットです。

というわけで、久しぶりにドコモスマートフォンに移り、9月ショックに備えるカタチです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。