NTTドコモ、冬商戦ではソニーモバイル・シャープ・富士通の新モデルに販促費集中へ=日本経済新聞

スクリーンショット 2013-08-14 14.08.19

日本経済新聞は、NTTドコモが冬商戦ではソニーモバイルコミュニケーションズ、シャープ、富士通の3社のスマートフォンの新モデルに販促費を集中させる戦略を検討し始めたと報じました。

ドコモは、今夏モデルで導入したスマートフォンの人気に応じて販促費に差をつけて人気のモデルがより安価な価格帯となる手法「ツートップ」において、ソニーモバイルとサムスンエレクトロニクスのスマートフォンを重点的に販売しましたが、記事によると、ドコモの幹部は「サムスン端末は力不足だった」との見方を強めているとのことです。

先にロイターが報じているように、ドコモは冬商戦でサムスンの新モデルをは主力端末として扱うことを見送る方向で調整しています。

また記事では、ドコモは依然、AppleのiPhoneを扱うことを検討しており、その採用の行方によってはツートップ戦略は大きく変わるだろうとしています。

ドコモは夏モデルで9端末を販売しましたが、既にNECカシオモバイルコミュニケーションズが撤退を決定しているほか、パナソニックモバイルコミュニケーションズも冬モデルの投入を見送る見込みのため、Androidスマートフォンは7端末程度になる見込みです。

関連:
NTTドコモ、冬商戦ではサムスンを「ツートップ」から除外へ=ロイター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。