サムスン、スマートフォン供給でソフトバンクに接近=SankeiBiz

SankeiBizは、NTTドコモが冬商戦においてソニーモバイルコミュニケーションズ、シャープ、富士通の3社を主力端末として重点販売する方針を固めたことを受けて、夏モデルの「ツートップ」としてGALAXY S4 SC-04Eを供給しているサムスンエレクトロニクスが、ソフトバンクに接近していると報じました。

記事によると、サムスンは、日本市場に限定されるドコモへの供給よりも、米スプリント・ネクステル社を買収したソフトバンクを通じたグローバルへの共同調達に興味を寄せているとのことです。

現在、サムスンはソフトバンクモバイルに端末を供給していません。

関連:
NTTドコモ、冬商戦ではサムスンを「ツートップ」から除外へ=ロイター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。