オバマ政権、国際貿易委員会がサムスン特許侵害を認定したApple製品の輸入・販売禁止命令を拒否

  • Day:2013.08.04 07:57
  • Cat:Apple
米国のオバマ政権は、今年6月にApple製品の一部の旧型モデルがサムスンの特許1件を侵害したとの決定に基づき該当モデルの輸入及び販売を禁止した国際貿易委員会(ITC)の命令を拒否すると発表しました。

本件に関して、マイケル・フロマン米通商代表は「(Apple製品の輸入・販売を禁止することは)同国の消費者ならびに競合他社への影響が大きいため」と述べました。一方で、サムスンには特許権について依然、裁判所で争うことができるとしています。

この決定を受けて、Appleの広報担当者は「政府の判断を歓迎したい。サムスンは特許制度を濫用している。」とコメントしました。

また、サムスンの広報担当者は、政府のITC命令拒否について深く失望しているとした上で「ITCは、サムスンが誠意を持って交渉にあたる一方で、Appleが特許のライセンスについて消極的であったことを正しく認定していた。」と述べています。

ITCによるApple製品の輸入・販売禁止命令に該当するモデルは、iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3G、iPad 2 (Wi-Fi with Cellular)、iPad (Wi-Fi with Cellular)で、侵害を認定した特許は必須標準特許にあたります。近年、こうした種類の特許権を掲げて侵害を争うことは権利の濫用であるとの見方が強くなっています。

参考:
Obama Vetoes Ban on Sale of Some Apple iPhones, iPads - The Wall Street Journal

関連:
ITC、Apple製品のサムスン特許侵害を認定/iPhone 4など旧モデルの米国への輸入および販売禁止命令
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。