Apple、新しいiPhoneを8月下旬から出荷開始?/大きなディスプレイモデルも試作=WSJ

  • Day:2013.07.22 14:21
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

The Wall Street Journalは、Appleのサプライヤーからの情報として、Appleとアジアのサプライヤーは、より大きいディスプレイサイズのiPhoneとiPadを試作していると報じました。

報道によると、Appleはここ数ヶ月、現行の4インチよりも大きなサイズのiPhoneや、13インチ以下のiPadのプロトタイプをオーダーしているとのことです。

また報道では、サプライヤーの情報によると新型iPhoneは6月下旬より大量生産が開始されており、鴻海精密工業の情報筋は、新しいiPhoneは8月下旬までには出荷準備が整うようAppleから指示されていると述べています。

WSJの記者ブログAll Things Digitalは今月中旬、Appleは、次期iPhoneと廉価版iPhoneの生産を本格化しており、総生産台数は2500万台〜3000万台で、次期iPhoneと廉価版iPhoneがほぼ半々であると報じていました。

関連:
Apple、ハードウェアセンサーではなくオンスクリーンの指紋認証搭載を模索=CNET
Apple、次期iPhoneと廉価版iPhoneをほぼ同数で生産へ=WSJ
Apple、複数の新しいiPhoneを9月頃に発売?/TD-LTE年内対応へ=モルガン・スタンレー
シャープ、6月にも「iPhone 5S」向け液晶パネルを量産=日刊工業新聞
サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。