Apple、大手出版社5社と共謀して電子書籍価格つり上げ/独占禁止法違反認定=ロイター

  • Day:2013.07.11 05:03
  • Cat:Apple
米国マンハッタン連邦地方裁判所は、10日、Appleが欧米の大手出版社5社と共謀して電子書籍の価格を不当につり上げていたとする米司法省の提訴をめぐる裁判で、Appleが独占禁止法(反トラスト法)に違反したとの判断を下しました。ロイターが報じました。

連邦地裁の判事によると、Appleは、Kindleを展開するAmazon.comがベストセラー作品を9.99ドルなど安価での販売継続ができないよう、アシェット・ブック・グループ、ハーパーコリンズ・パブリッシャーズ、ペンギン・グループ、サイモン・アンド・シュスター、マクミランの出版大手5社と共謀し、2010年にAppleが電子書籍事業に参入の際に出版5社が価格決定権を握る一方で、Appleが販売価格の30%をマージンとして受け取る契約を締結しました。

また、Appleは同様の契約を他の出版社にも強いて電子書籍の価格を不当につり上げていました。

本件では、出版5社はすでに当局と和解しており、Appleのみが裁判で争っていました。Appleは上訴する方針とのことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。