レビュー: 発売直前!「Optimus it L-05E」(開封&おさらい編)

NTTドコモの2013年夏モデルで、LGエレクトロニクス製スマートフォン「Optimus it L-05E」の評価機を、Android総合情報サイトAppComingさんからお借りしたので、複数回にわたってレビューを掲載します。

この記事では「開封&おさらい編」ということで、写真を交えてOptimus it L-05Eの特徴をちょっとだけ紹介していきます。

なお、L-05Eは、6月22日(土曜日)発売予定です。
本レビューでは評価機を使用しているため製品版とは仕様が異なる場合がございます。

l05e1.jpg

Optimus it L-05Eは、4.5インチディスプレイ搭載の比較的コンパクトなカテゴリに含まれるスマートフォンです。そのため、化粧箱もとてもコンパクトで、パッケージデザインはIPX5/7の防水性能と鮮やかなディスプレイを表現しています。

l05e7.jpg

Optimus it L-05Eの横幅はわずか63mmで、例えば「ドコモのツートップ」のXperia A SO-04Eの67mmと比較しても、そのコンパクトさが伝わると思います。カラーは主にリアパネルから側面、ファンクションキー部分の違いでホワイトとブラックが用意されており、ディスプレイ面はいずれもブラックとなります。

l05e6.jpg

Optimus it L-05Eは、エントリーモデルながら実は全部入り。おサイフケータイ(FeliCa/NFC)やワンセグ、赤外線通信はもちろん、NOTTVやおくだけ充電「Qi」、防水機能も搭載しています。

私は、NOTTVやQiに対応させたスマートフォンはコンパクトをうたいつつも厚みや電池パック周りで「やや大きいな」と思うことが多かったのですが、Optimus it L-05Eは、重さこそ132gながら、厚み10.5mmと薄型と言えるサイズ感に収まっています。

l05e5.jpg

Optimus it L-05Eは、電池パックの取り替えが可能なスマートフォンです。ドコモminiUIMカードスロットは、microSDカードスロットと共に重ねて配置されていて、省スペースを追求したことが伺えます。

l05e4.jpg

全部入りのOptimus it L-05E、カメラも1320万画素カメラを搭載。これハイエンドモデルなんじゃ・・・!?その横にはワンセグとNOTTV用のロッド式アンテナも。これが内蔵されているのと、されていないのとでは天と地ほどの差。とてもありがたいです。

他にも防水なのにキャップレス端子が採用されていて感動!だったり色々あるのですが、個別の機能についてのレビューは後日また掲載しますね。

取り急ぎ、到着レビューでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。