ソフトバンク、T-Mobile USの買収検討=ロイター

スクリーンショット 2013-06-08 8.54.41

ロイターは、関係筋によると、ソフトバンク株式会社が米国携帯電話第3位スプリント・ネクステル社を201億ドルで買収する計画が実現しなかった場合、同社は米国における携帯電話事業への参入代替案として、第4位のドイツ系キャリアT-Mobile USを取得する可能性について親会社のドイツテレコムと協議していると報じました。

記事によると、ソフトバンクによるスプリント買収が実現しなかった場合、同社はドイツテレコムが保有するT-Mobile US(時価総額およそ150億ドル)の株式74%を取得する可能性があるとのことです。

関連:
ソフトバンク、米国ディッシュ社のスプリント社対抗買収案を受けてコメント発表
ソフトバンク、米国スプリント社の買収を発表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。