NTTドコモ「GALAXY S4 SC-04E」スマートフォン販売過去最速ペース=日本経済新聞

DSC01277.jpg

日本経済新聞は、NTTドコモが本日から発売したサムスンエレクトロニクス製スマートフォン「GALAXY S4 SC-04E」が、同社スマートフォンの出足として過去最速で、年間100万台を優に超えるペースのようだと報じました。

ドコモは、夏モデルからスマートフォンの人気に応じて販促費に差をつけることで、人気モデルがより安価な価格帯となる手法を導入しており、Xperia A SO-04EとGALAXY S4の「ツートップ」をより購入しやすい価格帯に設定、なかでも高機能でブランド力も高いGALAXY S4を戦略スマートフォンと位置づけ、最も多くの販促費を投じています。

サムスンは、GALAXY S4の販売台数が、4月末のグローバルローンチからわずか1ヶ月足らずで1,000万台を突破したと発表しています。

関連:
サムスン:「日本市場でAppleを抜き首位を目指す」/販促費大幅拡大=日本経済新聞
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。