フォトレビュー: GALAXY S4 SC-04E(Black Mist)

DSC01281.jpg

本日発売されたNTTドコモの夏モデル「GALAXY S4 SC-04E」を購入したので、簡単なフォトレビューを掲載します。なお、同モデルの一括価格は83160円で、新規契約で月々サポート2835円(24ヶ月合計68040円)、機種変更で月々サポート1995円(24ヶ月合計47880円)、MNPで月々サポート3465円(24ヶ月合計83160円)という価格設定となっています。
※特定条件を満たせば特別価格での購入も可能(参考:ドコモのツートップ

DSC01276.jpg

GALAXY S4 SC-04Eの化粧箱は、グローバルモデルと同様の木目調がベースになっており、同梱品の保証書やクイックマニュアルもカラーが統一されています。

DSC01277.jpg

GALAXY S4 SC-04Eは、ドコモの夏モデル「ツートップ」として大々的に売り出されており、販促費やインセンティブも他の機種よりかなり多く拠出されているため、メディア露出をはじめ、価格帯も攻撃的な実質負担額に設定されています。

「ツートップ」では、ハイエンドモデルの位置づけになっており、OSには最新のAndroid 4.2.2 Jelly Beanを、ディスプレイには5.0インチフルHD(1920x1080ピクセル / 440ppi)SuperAMOLEDを採用、GALAXYのフラグシップモデルでは初めてフルHDの解像度を採用しました。

DSC01297.jpg

また、CPUには1.9GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)を採用しています。グローバルモデルには、1.6GHzオクタコアプロセッサ(Exynos 5)を搭載したモデルもありますが、国内向けには安定したAPQ8064Tでクロック数を最大の1.9GHzとして最高のパフォーマンスを選択しました。

前モデルの「GALAXY S III α SC-03E」よりもディスプレイサイズは拡大しましたが、端末サイズは若干小さくなり、薄さも8mmとさらに薄くなりました。電池容量も2,600mAhに大容量化されています。

DSC01284.jpg

メインカメラには、1320万画素裏面照射型CMOSカメラを、フロントカメラには210万画素CMOSカメラを採用。おサイフケータイ、ワンセグなど国内仕様も搭載しており、今回GALAXYシリーズとして初めてNOTTVに対応させました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。