レポート: HTC NIPPON「HTC J One HTL22」発売記念イベント "Meet the HTC Night"

  • Day:2013.05.25 08:35
  • Cat:au
DSC01265.jpg

KDDIが、2013年の夏モデル4機種のうちの1つとしてHTC製のフラグシップモデル「HTC J One HTL22」を発表した5月20日(月)、HTC NIPPONが主催するHTC J One発売記念イベント「Meet the HTC Night」が青山迎賓館で開催されました。

8771136638_8a45d44bd0_z.jpg

結婚式場としてお馴染みの青山迎賓館は、HTCのコーポレートカラーであるグリーンにライトアップされていました。

8766375451_8a29aeacf5_z.jpg

パーティー会場の円卓には発表されたばかりの「HTC J One HTL22」の実機が3つずつ置かれていて、自由に端末を触ることが出来ました。

8771069824_6b4b9d2b72_z.jpg

イベントは、HTC NIPPON代表取締役社長の村井良二氏のご挨拶後、来日したHTC Corporationのピーター・チョウCEOが、HTC J Oneと日本市場に込めた思いを語りました。

8770572893_c59a145c93_z.jpg

その後、スケジュールでは伏せられていたスペシャルゲスト、KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登場して、チョウCEOとのツーショットトークが展開されました。チョウCEOは、日本市場向けにアレンジを加えたHTC J Oneに関して「(HTCとKDDIの)情熱を感じてほしい」と述べました。

DSC01239.jpg

乾杯の音頭はHTCとKDDIの両代表を交えて行われ、HTCコーポレートカラーのグリーンが鮮やかなオリジナルカクテルが振舞われました。

DSC01264.jpg

別の会場ではタッチアンドトライのコーナーも用意されていて、HTC J Oneのほか、各種アクセサリやモバイルバッテリーが展示されていました。

DSC01224.jpg

さて、今回の主役であるHTC J One HTL22についてレビューします。HTC J Oneは、OSにAndroid 4.1 Jelly Beanを採用した4.7インチフルHD(1920x1080ピクセル / 480ppi)ディスプレイ搭載のフラグシップスマートフォンです。CPUには、1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)を搭載しました。

筐体にはフルメタルボディを採用していて、その質感は「iPhone 」5に匹敵する完成度の高さだと感じました。(「フルメタルボディ」とはボディの一部に金属を使ったiPhone 5との違いをアピールしているのかもしれません。)また、スマートフォンには珍しく、ディスプレイの上下にステレオのデュアルフロントスピーカーを搭載しており、ムービー再生時などに音が自然にフロント側に響くようになっています。

DSC01222.jpg

特筆すべきは、1600万画素など高画素化が進むスマートフォンのメインカメラに、あえてライバルメーカーよりも低画素と言える400万画素「HTC UltraPixel Camera」を採用した点です。感度やF値など、各メーカーが暗所に強いカメラをアピールする中、HTCは1画素あたりの面積を一般的な1300万画素カメラの3倍にして、3倍の光を取り込む明るいカメラを実現しました。

IMAG0015_ZOE006_SHOT.jpg

なお、HTC J Oneで撮影した写真が上記で、感覚としては暗い所でもある程度の光があれば視認性が高い写真を撮ることが出来ると感じました。スマートフォンで撮った写真は主にソーシャルメディアへの投稿やスマートフォン内部での保存・閲覧に使われるため、画素数を抑えて感度を上げたことには私は「アリかな」と思います。(写真はリサイズされているのであくまで参考程度。)

DSC01246.jpg

HTC J Oneは、日本市場向けの赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグにも対応しています。リアカバーは写真のように取り外すことが可能で、グローバルモデルには存在しないmicroSDカードスロットも追加しました。

DSC01255.jpg

なお、写真は新しい機能「HTC Zoe」で保存することも出来ます。HTC Zoeは、写真を撮る1秒前から4秒間20枚の写真に加えて、3秒間のフルHD動画を記録します。その中からベストショットを選ぶこともできるほか、サムネイル画面ではひとつの動画として再生されるので、撮影時の前後のストーリーも保存できるという斬新な機能です。

端末についてはまた別の機会で詳しくレビューしようと思いますが、HTCが日本市場向けの端末に注力したKDDIの「HTC J ISW13HT」〜「HTC J butterfly HTL21」〜「INFOBAR A02 HTX21」を利用してきたユーザーとしては、HTCらしい金属感ある成熟したメタルボディを採用した新モデルを歓迎するとともに、4.7インチフルHDという高精細ディスプレイの実現、画素数では語れないカメラ機能の進化など、まさに「こんなの、はじめて。」というコピーに相応しい正統に進化したモデルと言えます。

INFOBAR A02 HTX21関連:
フォトレビュー: INFOBAR A02 (HTX21)

HTC J butterfly HTL21関連:
レビュー: HTC製フルHDスマートフォン「HTC J butterfly HTL21」(製品版総評)
★HTC J butterfly: iPhone 5向け「au Nano IC Card (LTE)」を利用可能
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(筐体篇/製品版)
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(小ネタ篇)
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(超高解像度篇)
レビュー:HTC製フルHDディスプレイ搭載「HTC J butterfly HTL21」

HTC J ISW13HT関連:
レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その2
レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その1
レビュー: HTC J(ISW13HT)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。