シャープ、6月にも「iPhone 5S」向け液晶パネルを量産=日刊工業新聞

  • Day:2013.05.08 08:11
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

シャープは、6月にもAppleの次期スマートフォン「iPhone 5S」向けの液晶パネルを量産します。日刊工業新聞が、8日付で報じました。

年末から年始にかけて各所で報じられていたように、Apple「iPhone 5」の需要薄により稼働率が低下していた、事実上Apple向け液晶パネル専用の亀山第1工場で、ゴールデンウィークから量産準備に着手しました。

記事によると、iPhone 5Sは、現行モデルのiPhone 5と仕様が近く、iPhone 5と同様のシャープ、ジャパンディスプレイ、LGエレクトロニクスが液晶パネルを受注しており、すでに量産に着手したサプライヤーもあるとのことです。

先日、日本経済新聞は、iPhone 5Sは今秋発売で、エルピーダメモリや村田製作所など国内の電子部品メーカー各社は、夏までにモバイル用DRAMやSAWフィルターの生産能力を引き上げると報じました。

関連:
サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞
新しいiPhoneとiPad、発表は9月以降か=AllThingsD
Tim Cook CEO: 「素晴らしい製品を秋から2014年にかけて用意」=AppleInsider
Appleの「iPhone 5S」指紋認証を妨げないコーティング材をめぐり出荷遅延か=ロイター
Appleの2013年度製品ロードマップに遅延の可能性/「iPhone 5S」「廉価版iPhone」「新しいiPad mini」影響=AppleInsider
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。