Apple ID、「iForgot」でメールアドレスと誕生日だけで誰でもリセット可能なセキュリティホール(現在閉鎖中)=The Verge

スクリーンショット 2013-03-23 6.07.32

The Vergeは、Appleが昨日一部の地域で提供を開始したApple IDの二段階認証に関連して、同機能を有効にしていないユーザーのIDが、AppleのID管理ページ「iForgot」においてメールアドレスと誕生日のみで誰でもIDパスワードをリセット可能な状態にある深刻なセキュリティホールが発見されたと伝えています。

現在、Appleは、iForgotをメンテナンスとして閉鎖しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。