NTTドコモとABC Cooking Studio、学び・健康分野における協業に合意

NTTドコモおよびABC Cooking Studioは、食事・料理を主軸としたユーザーのライフスタイルをサポートすることを目的に、学び・健康分野において協業することに合意したと発表しました。

両社は、学び分野では、ABCが保有する料理関連サービス・コンテンツをタブレット端末などにデジタル配信する等、ユーザーのクッキングライフをサポートする新たなサービス提供を検討するとしています。

また、食事・運動・睡眠などをトータルでサポートする健康分野では、ドコモ、ドコモ・ヘルスケア(ドコモとオムロンヘルスケアが設立した新会社)およびABCが保有するサービス・コンテンツ等を融合させ、ユーザーの健康をサポートする新サービスを提供するとのことです。

両社はまず、ABCが2013年5月以降に首都圏で展開予定の「(仮称)ABC HEALTH LABO カウンセリングルーム」において、ABCのヘルスケアカウンセラーが、ドコモ・ヘルスケア提供サービスのユーザーに対し、クラウド上に蓄積された「からだデータ」を基に健康状態を分析し、栄養バランスを考慮したレシピ紹介などのカウンセリングサービスを提供します。

なお、ドコモ・ヘルスケアは、3月6日(水)に新事業・新サービス発表会を開催します。

関連:
NTTドコモ、2013年はサービス前面「ヘルスケア」展開/端末は「選択と集中」へ=ITmedia
NTTドコモとオムロン、生涯ヘルスケアの新会社「ドコモ・ヘルスケア」を設立
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。