レポート: 本日発売「Xperia Z SO-02E」タッチ&トライイベント

NTTドコモが本日発売の、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z SO-02E」およびドコモタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」のタッチ&トライイベント(協賛: ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)が先月開催され、筆者も参加しました。この記事では、Xperia Z SO-02Eについてレポートします。

20130122_200817.jpg

Xperia Z SO-02Eは、薄さ7.9mmのフラットボディに5.0インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)ディスプレイ、Snapdragon S4「APQ8064」1.5GHzクアッドコアプロセッサ、2GB(RAM)、2,330mAhの大容量バッテリーを搭載したAndroid 4.1(Jelly Bean)採用のスマートフォンです。ガラス板のようなフラットフォルムが特徴的で、ブラックとホワイトに写真のパープル含めて3色展開します。

20130122_200547.jpg

先述の通り、5インチフルHD(1,920x1,080ピクセル)ディスプレイなので、現行スマートフォンで最高クラスの解像度を誇ります。ロック画面で分かるように、標準ではブラインドをめくるようなアニメーションになっていて、時計表示の両側にスライドで起動可能な「音楽」「カメラ」のショートカットが配置されています。


20130122_200600.jpg

また、ディスプレイはセンサー層を一体化したインセル型を採用しているため、接触部と表示部に隔たりがなく、写真のように視野角もかなり広いことが分かります。

20130122_200453.jpg

メインカメラには、ソニーが開発した世界初の積層型イメージセンサー「Exmor RS for mobile」搭載の裏面照射型CMOS約1,310万画素カメラを採用します。

20130122_200920.jpg

その他、日本市場では必須機能とも言える、防水(IPX5/7)と防塵(IP5X)、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグにも対応しています。

Xperia Z SO-02Eは、本日より全国で販売が開始されます。

関連:
Xperia Z(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
docomo NEXT series Xperia Z SO-02E(NTTドコモ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。