先行レビュー: iPhone 5用超薄型バッテリー内蔵ケース「mophie juice pack helium for iPhone 5」(PR)

102081624_5114a821522e5.jpeg

筆者所属のフォーカルポイント株式会社は、米国mophie社のiPhone 5用超薄型バッテリー内蔵ケース「mophie juice pack helium for iPhone 5」を、3月上旬より発売すると発表しました。

今回は、mophie社から届いたサンプルをもとに当ブログで先行レビューを掲載します。なお、掲載内容は、製品版で変更される可能性があることをご了承ください。

71w5DY2Bu0ZLAA1500.jpeg
mophie juice pack helium for iPhone 5は、1,500mAhのバッテリーを内蔵するiPhone 5専用ケースです。今回発表されたカラーバリエーションは、ダークメタリックとシルバーメタリックで、今回はダークメタリックを使用しています。

DSC00867.jpg

まずは、外観から。juice pack heliumは、iPhone 5のために作られたバッテリー内蔵ケースです。iSightカメラ、音量調整ボタンとサウンドオン/オフボタン、電源オン/オフボタンの部分はいずれも穴が開いており、iPhoneそのものの機能に干渉することはありません。

DSC00870.jpg

イヤホンジャック部分も穴が開いており、iPhone 5に付属する「Apple EarPods」やストレートタイプのジャックで、一定の太さのイヤホンジャックは直接挿すことができます。(※それ以外のイヤホンも付属のパススルーオーディオケーブルを使用することで利用可能です、後述。)

また、ボトム部分にはmicroUSB端子を搭載、付属のmicroUSBケーブルを用いてjuice pack heliumの充電ができるほか、iPhone 5が装着されている場合は両方を充電することも可能です。(USBケーブル接続時は充電のみです。データ同期は、iTunes Wi-Fi同期で行えます。)

DSC00873.jpg

juice pack heliumは、Appleから供給された純正のLightningコネクタが搭載されています。Appleが定める性能基準を満たしていることを保証する「Made for iPhone」認定の製品のため、一部の不正なパーツを使用している製品と異なり、iOSのバージョンが変わっても問題なく利用できます。

DSC00872.jpg

juice pack heliumのmophieロゴ付近には、マイクとスピーカーのための穴が開いています。穴にはメッシュが施されており、ホコリや小雨等の侵入を防ぎます。

DSC00882.jpg

juice pack heliumは、Lightningコネクタが搭載されたボトム部分と、iPhone 5の上部を保護するバッテリー内臓のケース部分の2つのパーツで構成されています。iPhone 5を装着するときは、写真の部分を外します。

DSC00884.jpg

DSC00883.jpg

iPhone 5にjuice pack heliumを装着するには、上部のパーツにiPhone 5をスライドさせます。iPhone 5のためにデザインされているので、ジャストサイズで装着されます。

DSC00886.jpg

DSC00889.jpg

DSC00892.jpg

写真のようにiPhone 5の外周を綺麗に保護し、ディスプレイもjuice pack heliumの縁が多少高くなっているので、裏返して置いた場合もディスプレイに直接接触しないようになっています。

DSC00901.jpg

ボトム部分の背面には、バッテリーチェックボタン、LEDインジケータ、充電オン・オフボタンが並んでおり、チェックボタンを押すことでバッテリー残量をLEDランプで表示します。充電の開始はオン・オフボタンを切り替えて行います。

DSC00909.jpg

イヤホンを利用する際には、Apple EarPodsやその他のストレート型プラグを採用しているイヤホンは、juice pack heliumを装着したiPhone 5に直接挿すことができます。(ある程度の太さまで。)

DSC00922.jpg

L字型やその他の太いプラグを採用しているイヤホンをお使いの場合でも、付属のパススルーオーディオケーブルを利用することで、juice pack heliumとの併用が可能となります。

DSC00907.jpg

juice pack heliumの背面はラウンド形状にラバーコーティングを採用しているので、手に馴染みます。

DSC00930.jpg

juice pack heliumは、1,500mAhのバッテリーを内蔵しているため、iPhone 5のバッテリーをおよそ80%まで回復させることができます。juice pack heliumを装着したiPhone 5は、普段と比べて約2倍の電池容量を備えていることになります。

DSC00926sm.jpg

mophie juice pack helium for iPhone 5は、今回ご紹介したダークメタリックとシルバーメタリックの2色展開で、それぞれ3月上旬から発売予定で、直営のオンラインストアなどにおいても8,980円で予約受付中です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。