NTT社長: iPhone対抗には「コンセプト異なる機種を出すことが重要」

nttgroup.jpeg

NTTの鵜浦博夫社長は、本日開催した2013年3月期第3四半期決算に伴う記者会見において、Appleの「iPhone」への対抗策について、携帯電話機メーカーに対して「コンセプトの違うものを出していくことも重要だと、数社に申し上げたことがある」とした上で、端末の多様性で味を出していくのも1つの方法ではないかとの見解を示しました。日本経済新聞が報じました。

一方、同氏は携帯電話の当面の事業戦略については「あくまでもNTTドコモが決定し、私はそれを尊重する考えだ」と説明しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。