東洋紡、有機ELを超える画質の液晶用フィルム量産/Appleが関心=日本経済新聞

  • Day:2013.02.04 02:20
  • Cat:iPhone
東洋紡と慶応義塾大学の小池康博教授らは、有機ELを超える画質を再現できる液晶ディスプレイ用フィルムを開発し、4月にも年産能力1万トン規模での量産を始めます。日本経済新聞が、4日付で報じました。

通常、液晶ディスプレイには視野角による色ムラなどを防ぐために高価な光学補償フィルムが採用されているものの、新開発のフィルムの原料はペットボトル同様の樹脂で安価とのことです。

同報道では、このフィルムに、Appleも関心を寄せているとしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。