WEEKEND: ジョン・グルーバーも賛同する「4.94インチiPhone」

  • Day:2013.02.02 08:46
  • Cat:iPhone
iphoneplus-and-samsung-extrawide.jpg
(左から「iPhone 5(4インチ)」「 Galaxy S III(4.8インチ)」「iPhone(4.95インチ)」「Galaxy Note II(5.5インチ)」)

Instapaperのクリエイターでテクノロジーライターのマルコ・アーメント氏は、自身のブログで、iPhoneラインナップにおける4.94インチディスプレイの追加に言及している。

同氏によると、16:9のアスペクト比を持つ4.94インチディスプレイのiPhoneは、現行「iPhone 5」のピクセル数をそのまま利用する640×1136ピクセルで、Retinaディスプレイと言われる264ppiを保つことが可能となる。

また、iPad miniが、iPhone 3GSと同様のディスプレイを使用していることと同様に、4.94インチiPhoneが、現行iPhone 5と同様のディスプレイ解像度を利用することで、デベロッパはアプリケーションを再開発する必要もなくなる点も指摘している。

なぜ、Appleがこうした大画面iPhoneを市場に投入する必要があるのかという指摘については、現在、4インチ後半から、サムスンの「GALAXY Note」に代表される5インチ台半ばまでの大画面ディスプレイを搭載するスマートフォンの販売台数が急増しており、一定のニーズが認められるとしている。

こうした指摘について、Daring Fireballのジョン・グルーバー氏も、「まさに私が考えていることと同様だ」と賛同するコメントを出している。

関連:
Apple、4.9インチIGZO液晶搭載「iPhone 6」2013年第3四半期末に発売?=MacFan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。