NTTドコモ、今後はスマートフォンラインナップを絞り込みへ=ITmedia

ITmediaは、NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏が、本日開催された同社の2013年3月期第3四半期決算説明会において、今後のスマートフォンのラインアップについて「顧客のニーズや調達コストの観点から絞り込みを行う」と説明したと伝えています。

同氏は、売れると思う機種を目利きするとしたうえで、夏モデルについて既に開発が進んでいるものの少し減らす意向を述べ、冬モデルからは本格的にラインナップを絞り込む見込みです。

なお、同氏はITmediaの新春インタビューのなかで、端末展開について、モデル数で20機種近くもあるといった状況を改め、選択と集中によりタブレットを含めて10機種〜15機種程度に絞る方針を明らかにしていました。

関連:
NTTドコモ、2013年はサービス前面「ヘルスケア」展開/端末は「選択と集中」へ=ITmedia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。