KDDI、4.7インチクアッドコアの「INFOBAR A02」発表

  • Day:2013.01.24 14:00
  • Cat:au
p_angle_01.jpg

KDDIが、iidaのスマートフォン新モデル「INFOBAR A02」を発表した。2月中旬以降に発売される。

INFOBAR A02は、iida初となるHTC NIPPON製で、OSにAndroid 4.1(Jelly Bean)、CPUには1.5GHzクアルコム「APQ8064」クアッドコアプロセッサ、ディスプレイには4.7インチHD(1,280x720)ディスプレイを採用した薄さ9.4mmの「au 4G LTE」対応スマートフォンとなる。

ディスプレイには、滑らかな曲線で結ばれたという縁とディスプレイの一体感を感じさせる3Dガラスを採用している。メインカメラには、裏面照射型CMOSセンサー採用の約800万画素カメラを、サブカメラには、HTC J butterfly同様にF2.0の明るさを誇る約210万画素カメラを搭載している。

また、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、ワンセグのほか、防水(IPX5/7)・防塵(IP5X)にも対応している。

端末デザインは、従来と同じくプロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当しており、全体的には前モデル「INFOBAR A01」を踏襲しているが、タイルのファンクションキーはなくなり、独特の配色はアルミフレームと3つのキーでさりげなく演出している。

ユーザーインターフェース側のデザインも、引き続き中村勇吾氏が担当したほか、新たにサウンドデザインを、ミュージシャンのコーネリアスが担った。

カラーラインナップは、赤を基調としたNISHIKIGOIに、白を基調としたICE GRAY、青を基調としたAOAOの3色を用意した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。