NTTドコモ、12月の契約者数で大幅純減から一転23万件の純増を記録/「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」が牽引=日本経済新聞

電気通信事業者協会(TCA)は、NTTドコモの2012年12月の携帯電話契約純増数が、23万5100件の純増だったと発表しました。同社は、前月の4万8000件の純減から大幅に契約者数を伸ばしました。

日本経済新聞は、この流れを牽引しているのは、シャープ製のIGZOディスプレイ搭載スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」であるとしており、BCNの調査した12月のスマートフォン販売台数は、ソフトバンクモバイルの「iPhone 5 32GBモデル」を抑え、1位と2位にはドコモの新機種で高機能スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」「Xperia AX SO-01E」がそれぞれランクインしました。

K0000426889_0001.jpg
(4.9インチIGZO液晶搭載「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」)

同紙は、ドコモの大幅純増について、同社がネットワークを提供しているアマゾンの「Kindle Paperwhite」日本発売が貢献している面もあるものの、スマートフォンの高機能化が携帯電話キャリアの収益を左右する構図が明確になったとしています。

なお、ドコモの純増数23万5100件のうち通信モジュールの純増数は13万9400件で、この数字の中にKindle Paperwhiteや「PlayStation Vita」などの回線提供分が含まれていると思われます。

同社代表取締役社長である加藤薫氏は、ITmediaの新春インタビューにおいて、2012年10月と11月は他社の「iPhone 5」の影響により特にMNPで苦戦したものの、新規純増数の部分は11月・12月で堅調に獲得していると述べていました。

同社は、1月22日(火)に2013年春モデル新商品・新サービス発表会を開催します。

関連:
NTTドコモ、Xiのパケット定額サービスにさらに安価なプラン新設を示唆=日本経済新聞
NTTドコモ、2013年春モデル新商品・新サービス発表会を1月22日に開催
ソニー、CES 2013で5インチフルHD搭載「Xperia Z」発表へ
NTTドコモとKDDI、今春にも月額500円前後のテレビ向けコンテンツ配信開始=日本経済新聞
NTTドコモ、2画面採用の折りたたみ型スマートフォンを4月発売=日本経済新聞
NTTドコモ、2013年はサービス前面「ヘルスケア」展開/端末は「選択と集中」へ=ITmedia
NTTドコモ、11月末の契約者数で4万8000件の大幅純減を記録
NTTドコモ、11月は5年ぶりの契約者数純減へ/「iPhone」導入再検討も=日本経済新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。