NTTドコモ、11月末の契約者数で4万8000件の大幅純減を記録

電気通信事業者協会(TCA)は、NTTドコモの2012年11月末時点での携帯電話契約数が、5年ぶりの純減を記録したと発表しました。

携帯電話契約数は、契約件数から解約件数をマイナスした増加数を指すもので、毎月第5営業日に前月の各社の純増数をTCAが発表しています。

今回、ドコモの契約者数は、創業以来初の純減となった2006年11月の1万7500件、2度目の純減を記録した2007年8月の純減数2万2900件を大幅に上回る、4万8000件となりました。

主因としては、KDDIとソフトバンクモバイルが9月から販売しているAppleの「iPhone 5」の在庫が潤沢になっていることに加え、両社が番号ポータビリティ(MNP)のキャンペーンを継続していることが考えられます。

発表によると、11月にドコモから他社にMNPで転出した件数は過去最大の21万2100件となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。