レビュー:HTC NIPPON製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(小ネタ篇)

  • Day:2012.12.06 00:17
  • Cat:au
HTC-J-Butterfly-HTL21-3V-red.png

HTC NIPPONが、KDDIのau向け冬モデルとして発表したAndroidスマートフォン「HTC J butterfly HTL21」のタッチ&トライイベント(主催:ITmedia Mobile編集部、共催:HTC NIPPON株式会社)が、先日開催された。

筆者もイベントに参加させていただいたので、当ブログでも数回に渡りHTC J butterflyのレビューおよびイベントレポートを掲載している。

前回は、購入を検討している方に再度ご参考いただけるよう、HTC J butterflyを写真とともに同モデルの筐体と機能を写真をベースにで紹介した『レビュー:HTC NIPPON製フルHDディスプレイ搭載「HTC J butterfly HTL21」』および、フルHDの超高解像度に着目した「超高解像度篇」を公開した。

今回は、HTC J butterflyのその他の特徴や情報についてご紹介したい。


★広角設計のフロントカメラ

ddnogizaka000_0.jpg
http://appllio.com/news/20121121-2765-htc-j-butterfly-event

HTC J butterflyのディスプレイ面に採用されているフロントカメラは、88°の広角レンズを採用した200万画素CMOSカメラなので、従来のスマートフォンのフロントカメラよりも、綺麗な写真が撮影できて、さらに自分撮りならぬ「ミンナ撮り」が可能になっている。

様々なプロモーションやTVCFなどでも、HTC J butterflyのイメージキャラクターを務める乃木坂46のメンバーが、HTC J butterflyを構えて数人でミンナ撮りをやっている様子が描かれているが、4~5人が裕に収まるほど広角なのだ。

タイマーシャッターも搭載されているので、撮影者がタッチディスプレイのシャッターを押し続ける必要がなく、自分撮りが容易に行える。


★メインカラーは「レッド」


HTCの担当者によると、HTC J butterflyのメインカラーは「レッド」だそうだ。

HTC J butterflyのカラーラインナップは、前モデルの「HTC J」を引き継いでいる。担当者によると、特にメインカラーのレッドの色合いにはこだわったそうで、最終的にはややオレンジがかった満足の行くレッドに、一滴だけブルーを混ぜた絶妙なカラーリングに仕上がったという。

実際にHTC J butterflyのカラーラインナップを見てみると、それぞれ表情が異なることが分かる。

2012-12-03193056.jpg

ディスプレイ面はすべて艶ありのブラックカラーで、「Gorillaガラス」と反射防止の「光学ラミネーション加工」が施されているが、ブラックモデルでは、背面がラバーコーティングされており、側面に印象的なレッドメッシュを採り入れている。

2012-12-03201742.jpg

ホワイトモデルの背面は、艶ありのパールカラーになっている。メインカラーのレッドモデルは、前述のこだわりの「レッド」を全面に艶あり塗装していて印象的だ。


★メディアリンクHDはメディアコンパニオンに


前モデルのHTC Jでは、メディアリンクHDという外部機器との連携が案内されていたが、現時点で同機器は国内発売していない。

この点についてイベント参加者から質問があったが、HTC担当者によると、HTC J butterflyでは「メディアコンパニオン」として同様の機能が存在するが、外部機器の発売は依然未定だそうだ。

2012-12-03193119.jpg

また、アクセサリ類に関連して、HTC J butterflyの背面には電極接点が用意されている。つまり卓上ホルダーがオプション品として提供される可能性があるということになるが、担当者によるとこちらについても発売時期は未定とのことしている。

(公式では)防水仕様ではないHTC Jと違い、HTC J butterflyは防水対応で、microUSB端子にはキャップがあるので、開閉による経年劣化を防ぐ意味では卓上ホルダーはなるべく早い時期で発売して欲しいところだ。


★発売日について


KDDIとHTCは、本日現在、HTC J butterflyの発売日を公表していない。イベントにおいても「12月上旬以降」発売との案内以外はいただけなかった。

当ブログでも昨日お伝えしたように、HTC J butterflyのスペシャルサイトのソースに「htc J butterfly ひとめ惚れの予感です。気持ちよすぎるHTC。12.10発売スペシャルサイト同時オープン!」との文言があったことで、12月10日(月)発売との観測があった。

しかし、同日、auショップ藤沢南口のブログが、HTC J butterflyの発売日が12月9日(日)に決まったと掲載した。また、価格情報も掲載されており、それによると新規/MNP/機種変更とも、本体価格78,120円で、「毎月割」が総計45,360円(1,890円×24回)設定されているので、実質価格が32,760円とのことだ。

発売日について、KDDIによる公式な発表はないが、auスマートフォンは地域によって発売日が異なることがあるので、今週末から来週明けにかけて全国で順次発売が開始される可能性が高そうだ。

関連:
レビュー:HTC NIPPON製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(超高解像度篇)
レビュー:HTC NIPPON製フルHDディスプレイ搭載「HTC J butterfly HTL21」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。