レビュー: ウィルコム「HONEY BEE 5」

2012-11-16 084732

11月15日、ウィルコムは、京セラ製ストレート型PHS「HONEY BEE 5」(WX07K)を発売した。同モデルは、HONEY BEEシリーズの第5弾となり、従来のモデルの特徴を踏襲しつつ、大幅に改良を加えている。

当ブログでも、HONEY BEE 5のBLUE x REDモデルを入手したので、簡単なレビューを掲載する。

2012-11-16 084814

HONEY BEE 5は、2インチ(240x320ピクセル)のIPS液晶を搭載している。カメラには従来と同様の約31万画素カメラをフロント/バックに2つ備える。

2012-11-16 084752

今モデルのデザイン的な特徴が、筐体の中央で色を分かつツートンカラーだ。カラーバリエーションは、8色展開、ベーシックなホワイト×ホワイト、ブラック×ブラウン以外の6色は、ビビッドカラーのツートン(イエロー&オレンジ、バイオレット&ピンク、ブルー&レッド)と、パステルカラーのツートン(ブルー&イエロー、ピンク&ピンク、グリーン&パープル)といった珍しいラインナップを揃える。

筆者が入手したのは、ビビッドカラーのブルー&レッドだ。なお、カラーバリエーションによっては、トップ/ボトムのフレーム色も異なっているので、購入時にカラバリを決めるのは悩ましい選択となるだろう。

2012-11-16 084836


なお、HONEY BEE 5は、シリーズ初の機能を多く搭載している。まず、防水(IPX5/IPX7相当)に初めて対応した。ウィルコムによると、バスルームやキッチンでの使用、外出先での雨天時に水を気にすることなく使用出来るほか、本体が汚れた場合は水洗いが出来るとしている。

また、Bluetooth 2.1+EDRをサポートし、スマートフォンの子機になる機能が搭載された。これは、SOCIUSも同様の機能を備えるが、HONEY BEE 5では、スマートフォンに届いたメールの新着確認を行うことが出来る。

HONEY BEE 5は、ウィルコムストアにおいて、一括購入で30,720円(W-VALUE SELECT適用時)と案内されている。契約2ヶ月目から24ヶ月に渡り毎月980円(計23,520円)がW-VALUE割引により割引かれるので、ユーザーの実質負担額は7,200円となる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。