Apple、英国での対サムスン訴訟敗訴に関する謝罪文を修正して再掲載

  • Day:2012.11.04 00:09
  • Cat:Apple
スクリーンショット 2012-11-03 23.26.50

Appleが、英国のウェブサイト上に掲載していた韓国サムスン電子との訴訟敗訴に関する謝罪文を修正して再掲載しました。

同社は、サムスンのGalaxyタブレットがiPadのデザインを模倣しているとして提訴していましたが、イングランド&ウェールズ高等裁判所は、主張を退けた上でサムスンはAppleのiPadを模倣していないとの判断を示したうえで、Appleに対して「サムスンはAppleの製品を模倣していない」との文言をウェブサイトに1ヶ月間掲載すること、同国の主要3紙(Daily Mail、Financial Times、T3 Magazine)に謝罪と修正広告を掲載することを和解条件としていました。

上記命令に従い、Appleは10月25日に英国のウェブサイトトップページ(apple.com/uk)最下部に「Samsung/Apple UK Judgment」とのリンクを掲載し、判決内容を説明するページを設けましたが、判決内容に加えて裁判官の「Galaxyはクールじゃない」というコメントを引用したり、他国での勝訴例を挙げるなどしており、謝罪のニュアンスはありませんでした。

英国裁判所の判事は、1日、掲載された謝罪文が不十分であるとして24時間以内の取り下げおよび48時間以内の新たな謝罪文の掲載を命令し、Appleの対応に強い不満を示しました。(参考:Bloomberg

スクリーンショット 2012-11-04 0.08.18

同命令を受け、Appleは10月末に掲載した謝罪文を取り下げ、新たにトップページの最下部により大きなフォントで以下の文を掲載しました。

2012年10月25日、Appleは、英国のウェブサイトにて、サムスンのGalaxyタブレットコンピュータに関する声明を掲載しました。その声明は不十分で、イングランド&ウェールズ控訴裁判所の命令に従っていませんでした。正しい声明は [Samsung/Apple UK judgement] から。


また、リンク先には判決について下記説明がされています。

2012年7月9日、イングランド&ウェールズ高等裁判所は、サムスン(英国)のGalaxyタブレットコンピュータ (Galaxy Tab 10.1/Tab 8.9/Tab 7.7)が、Appleの登録意匠ナンバー0000181607 - 0001を侵害していないと判断しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。