ファーウェイ・ジャパン「STREAM 201HW」レビューを開始

IMG_1825.jpg

ソフトバンクモバイルが、冬春モデルとして発表したファーウェイ・ジャパン製Androidスマートフォン「STREAM 201HW」のタッチ&トライイベントが、発表翌日の10日(水)にファーウェイ・ジャパン株式会社で開催されたので、参加させていただいた。(主催:ファーウェイ・ジャパン、協力:エクシズ株式会社)

STREAM 201HWは、ソフトバンクのラインナップでは初めて「SoftBank 4G (TD-LTE方式)」に対応するスマートフォンとなり、4.3インチSuper AMOLEDディスプレイ(qHD)、1.5GHzデュアルコアCPUに、高速連写可能な裏面照射型CMOSセンサー搭載800万画素カメラを搭載するほか、電源オフの状態から5秒の高速起動を実現している。

詳しいスペックは、ソフトバンクの製品情報に譲るとして、当ブログでも今後数回にわたって、イベントレポートを含めた201HWのレビューを掲載する予定だ。

なお、201HWを評価機としてお借りできる予定で、その際には詳細な使用感等もお伝えできる見込みなので、201HWが気になっている方、検討している方には参考にしていただけるとありがたい。

関連:
STREAM 201HW(ファーウェイ・ジャパン)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。