ソフトバンクモバイル、SoftBank 4G対応第1弾「STREAM 201HW」明日発売

fig_main-visual.jpg

ソフトバンクモバイルは、本日公表した冬春モデルのAndroidスマートフォン「STREAM SoftBank 201HW」を明日発売すると発表しました。

STREAM 201HWは、ファーウェイ・ジャパン製のAndroidスマートフォンです。201HWは、明日発売のため、ソフトバンクのラインナップでは初めて「SoftBank 4G」に対応するスマートフォンとなります。

201HWは、4.3インチSuper AMOLEDディスプレイ(qHD)、1.5GHzデュアルコアCPUに、裏面照射型CMOSセンサー搭載800万画素カメラを搭載するほか、電源オフの状態から5秒の高速起動を実現します。

1,930mAhの大容量バッテリーと省電力技術を搭載しているため、SoftBank 4Gを利用していても長時間使用することが可能です。

なお、ファーウェイ・ジャパンは、明日10日(水曜日)、11日(木)に、東京都内で「Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn」を開催します。

関連:
ファーウェイ、Androidスマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumnを開催
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。