ジャパンディスプレイ、スマートフォン向けフルHD液晶を量産=日本経済新聞

  • Day:2012.10.04 09:13
  • Cat:News
日立製作所、東芝およびソニーの中小型パネル事業の統合会社であるジャパンディスプレイは、スマートフォン向けのディスプレイとして、解像度がフルHDに対応する液晶パネルの量産を開始しました。日本経済新聞が、3日付で報じました。

報道によると、高解像度のフルHDディスプレイは、全国の工場で順次生産を始め、今月中にも国内外のスマートフォンメーカーに出荷を開始し、2013年にも商品化されます。

フルHD対応の液晶パネルは、443dpiで、現行の2倍以上の表示情報量となります。

スマートフォンメーカー各社は、大画面で1980×1080ピクセルの表示領域を持つスマートフォンを開発しているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。