レビュー: Pocket WiFi LTE GL04P(速度比較篇)

  • Day:2012.09.19 19:33
  • Cat:Others
IMG_7447.jpg

Pocket WiFi LTE(GL04P)は、イー・アクセスがイー・モバイルブランドで販売する中国Huawei(ファーウェイ)製LTE対応モバイルWi-Fiルータだ。今年7月に発売され、下り最大150Mbpsの「UE Category 4」に世界初で対応する。

筐体篇液晶表示篇に引き続き、GL04Pの通信速度について、NTTドコモのXi対応端末との比較も含めてレビューする。

gl04p001.jpg

まず、NTTドコモのXperia GX SO-04DをGL04PのWiFiネットワークに接続して、東京都港区赤坂にあるオフィスの屋内で8回ほど連続測定してみた。

結果は上記の通りで、下り10.7Mbps〜14Mbpsの間で推移し、上りも10Mbps弱まで計測された。ブラウジングやその他のネットワーク接続でも実際に速度を体感した。

gl04p003.jpg

同じ赤坂の屋内で、今度はSO-04DのオリジナルネットワークであるドコモのXiで測定を試みた。

下りは8Mbps弱まで出ているため、ダウンロードの体感としてはGL04Pと大差無かったが、アップロードが最高で2Mbps程度までしか出なかったので、Facebookなどへの写真のアップロードではGL04Pのほうが体感速度が速い。

gl04p002.jpg

次に、帰宅ラッシュ時の19時台の渋谷区神宮前にある地下鉄駅のホームで、それぞれ計測した。地下ということもあり、GL04PとSO-04Dのいずれも3Gネットワークに接続されている。

下の枠の3つの計測結果がGL04Pだが、3Gネットワークながら10Mbpsに近い数値を出している。ディスプレイの表示は「LTE」と「3G」の2種類しかないため、3Gがどの方式かは確認できないが、速度から推測するに「EMOBILE G4」に接続されているのだろう。

一方、SO-04Dは、下りが最大1.5Mbps弱で、上りも400kbps弱と低速だった。ちなみに3Gネットワークは、FOMAハイスピードに接続されていた。

この地下鉄ホームでの速度の差は歴然としており、GL04Pに接続したSO-04Dは、まるでLTEネットワークで通信しているかのように高速でウェブをブラウズ出来た。

gl04p004.jpg

最後に、それほど混雑していない渋谷区猿楽町のカフェ屋内で、2つを計測してみた。

いずれもLTEネットワークで、GL04Pは上記の結果となった。

下り速度は、LTEにしてはそれほど高速とは言えないが、上りが10Mbpsを安定的に超えており、今回の計測結果からもGL04Pはアップロードに優秀だと感じた。

gl04p005.jpg


一方で、SO-04Dは、下りが8Mbps程度まで出ており、とても快適にインターネットをすることが出来た。ただ、やはりアップロードとなると1Mbpsに到達しない程度で推移していて、物足りない感が否めない。

今回のレビューで、GL04Pを2週間ほど利用したが、まず感じるのは3,000mAhの大容量バッテリーによる連続通信時間の長さだ。この点は、モバイルWiFiルーターとして評価が高いポイントとなるだろう。

また、イー・モバイルLTEの速度にも安心した。正直なところ、自宅の光フレッツよりも速いので(この状況にも改善の余地があろうが)GL04Pは自宅でも大活躍だった。

WiFiで最大10台まで同時接続が可能で、大規模なイベント会場で使用した際も数人とネットワークを共有して有効的に利用することができた。

これから、iPhone 5も発売されてソフトバンクモバイルとKDDIがLTEサービスを開始するため、ますます「LTE」が脚光を浴びそうだが、複数の機器を1つのWiFiルーターで接続して維持費を節約するという使い方も多い。

そうしたニーズにも、GL04Pは最適だと実感した。

★イー・アクセス
Pocket WiFi LTE(GL04P)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。