Apple、日本国内でもKDDI/SoftBankのLTE対応の「iPhone 5」を発表

  • Day:2012.09.13 02:23
  • Cat:iPhone
img0091.jpg
Engadget以下同)

Appleが、本日開催されたメディアイベントにおいて、同社のフルモデルチェンジされた「iPhone 5」を発表しました。

iPhone 5は、従来の3.5インチから縦に拡大した4インチディスプレイ(1136×640ピクセル/326ppi)に、厚さ7.6mm、重さ112gの薄型軽量化されたアルミニウムとガラスのボディに仕上がっています。

プロセッサには、新たなA6チップを採用、従来より高速化が図られています。

img0165.jpg

メインカメラ(iSightカメラ)には、800万画素裏面照射型センサー搭載F2.4を搭載しており、iPhone 4Sと同等ながらより薄型化されています。新たにダイナミックローライトモード、パノラマ撮影機能を備えました。

ビデオ録画機能でも、スタビライザーの向上、顔認識(追跡)機能、録画中の写真撮影機能を搭載しています。

FaceTimeカメラは、裏面照射型センサー搭載720pの画質に対応、3G通信下でのFaceTimeに対応しました。

img0204.jpg

iPhone 5は、80%小型化された新たな接続規格「Lightning」に対応しています。また、従来のDockコネクタ搭載のアクセサリ向けにDock to Lightning変換アダプタも用意しています。

iOSは、メジャーアップデートされた「iOS 6」を搭載しており、従来のGoogleマップからApple独自のマップに置き換わっているほか、機能向上されたSiri、Passbook等の新機能が搭載されています。

日本国内では、KDDIとソフトバンクモバイルのLTEネットワークに対応しています。

iPhone 5は、ブラックとホワイトの2色展開で、9月21日(金曜日)に米国と日本を含む9つの国と地域で発売されます。それに先立ち、14日(金)から事前予約受付が開始されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。